自転車のサドルの上で・・・

サドルの上での気ままなひとりごと

25C初体験

2017-02-13 | Weblog
2週前の伊勢往復、帰ったら後輪タイヤ、ビートが出ていた所があった。タイヤはチューブラー、コンチネンタル・スプリンター、ブチルチューブのエア漏れの少ない普段履き。
 後輪はこれで2度目。久しぶりに購入したが、値上がりしていて5000円台半ば。22Cを履いていたが、25Cのエアボリュームのある方が後輪だと尻にやさしいかと、自分の自転車には初めて25Cをチョイスし、3Kさんで先週1本買ってきて、エアを10気圧入れて膨らませておいた。こうすると幾分伸びて、リムに嵌めやすい。
 日曜日にリムにはめて、さて、ジャイアン号にはめて回してみると、なんとか回るが、バルブの所は外側にタイヤがふくらんでいて、なんか擦っていそうな感じ。これでは、ちょっとタイヤにゴミでも着いたら、フレームと干渉して、ろくなことにはならないと、もう、がっかり。25Cなんて問題なく履けると思っていた。
 仕方ないので、ジャイアン号用には諦めて、LOOK号用とする。そのために、ブレーキゴムを入れ替えて、カセットスプロケットを9速(ジャイアン号)、10速(LOOK号)と入れ替える。ついでにスプロケの掃除もやったりしていて、午前をつぶす。9年前のジャイアン号5年前のLOOK号もチェーンステイは405㎜と同じだが、シートチューブの形状が異なり、ジャイアン号の設計は25Cの使用など前提としていないのでは、と。
 時代の変化、ということかな、と納得。
 午後から、ホイールを入れ替えたLOOK号で椿神社往復。新品のせいもあるが、理論的には縦方向の接地面が小さく、25Cは軽く回って、漕ぐのが楽しくなる感じだ。クッションもよく、捨てがたい感じ。当分これかな。(前輪は22cのまま)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« BLUE MINOR | トップ | 渡利牡蠣 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む