自転車のサドルの上で・・・

サドルの上での気ままなひとりごと

こんにゃく錬

2016-10-16 | Weblog
 3月に自損事故で顔面を打ち歯を悪くしたのであきらめていたが、秋となり、旨い蒟蒻を食べたくなった。
 ということで、土曜日は永源寺へサイクリング、と8時前に家を出る。この秋初めて、というぐらい冷え込んだ感じ。半袖下着に、夏ジャージ、アームカバーは夏の雨用、下は暑くなれば取ればよいと二ーウォーマー着用。しかし寒いので、ウィンドブレーカーを着こむ。この季節、朝と昼の気温の差が大きくなかなか難しい。
 安楽の下でニーウオーマーを外しているとロードが一台登っていく。いかにも速そうな方。後を追いかけるように登ってみたが、姿は見ることできずに峠越え。なにしろ24分。以前であれば21分台の登り方であったのだが。
 大河原で水補給。オートバイライダーが4人談笑中。50~60歳台前半。高級バイク(自転車も)を買えるのはこの年代かと思う。
 ブルーメの丘で前方にロード2台発見し、追うが、最後の坂で振り切って行きだしたので敢えて追わず、マイペース。
 永源寺の旧街道のこんにゃく屋「岡本こんにゃく本舗」も久しぶり。今日は土曜なので、出来立て「生」はない。袋入り生と日持ちするこんにゃく2個計3個を買って、さらに「さしみこんにゃく」のB級品(安い)を購入。1,000円。4個のこんにゃくでずっしりとなったデイバックを担いで、渓谷を登る。脚に負荷がかかる「こんにゃく錬」。ここのこんにゃくは芋100%なので旨い。(通常はこんにゃく粉から作る)
 つぎの目的地は政所にある、天然酵母石窯パンの「つむぎ」(写真)。11時半開店なので準備中との看板があるが、外にはロードが3台。中に入ると、3人が休憩中。お店の方に、パンが欲しい、と言うと快く売っていただいた。4個1000円。2個は近くの道の駅で昼食代わりにいただきました。地元の産物である「舞茸ピザ」と政所茶をふんだんに生地に練り込んだ「アンパン」(アンはもう少し甘い方が合うような気だした)。
 道の駅を出た後は「京の水」でボトルを満たし、トンネル突入。
 トンネル内でフロントインナーからアウターにするとチェーンが外れ、クランクを回すが嵌まらない。下りなので30km弱で次の避難場所まで下って、はめなおす。後ろから車が来なくて良かった。全くこのトンネルは車の通行しか考えてなく、路側帯と壁との間が狭すぎる。50cmあるかないかで、長さは4㎞もあるから、トラックなどが来たらどうしようか、といつも思う。・・・・・・幸い出口まで軽と普通車の2台に抜かれただけで済んだが。
 峠を降りて、あとは306号で帰宅の道へ。しかし、最後までわからない。市内神戸に入った所で、パンク。チューブを替えて、そういえば京の水から休みなしだったなと、休息し、14:10帰宅。走行119㎞
  
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クライマックスシリーズ | トップ | 作業の一日 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あおこ)
2016-10-19 12:33:52
こんにちは。
政所のパン屋さん、知りませんでした。
まああちらのほうはあまり走らないのですが、今度行ったらぜひ探して行ってみます。

永源寺のこんにゃくは、一度食べたことがありますが、赤いのがありますね。
ちょっと普通のこんにゃくとは食感が違った記憶があります。
しかしこんにゃく4個も背負って走るなんて…猛者というか何と言うか…
Unknown (どんなべ)
2016-10-19 21:45:00
あおこさん、どうもです。永源寺政所(まんどころ)にはきのこセンターという栽培所もあって、日曜以外は直売しています(スーパーの半額程度?)。こんにゃくに、パンに、きのこでデイバックは一杯になるでしょう。
 岡本こんにゃくはホームページがありますので検索してください。紅葉シーズンには無殺菌の出来立て生を土日も販売しています(普段は平日のみ。今回は無殺菌を袋つめしたものを1つ買いました)。パンは永源寺の日登美ワイナリーのパンも良いですよ。つぐみはカフェ兼パン屋さんです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む