「不可視の両刃」放射線に挑む ~或る医学者の英国留学記~

福島原発事故被災地での臨床経験がきっかけとなって放射線医科学を研究しています

ピラミッドを宇宙から透視する!?

2017-11-03 | 雑記
おそらく日本でも大きく報道されていることと思われますが、クフ王のピラミッドの内部に謎の空間があることがNature誌電子版にて2日に報告されました。調査には日本の研究チームが参画しており、実際、該当論文の筆頭著者は名古屋大学の研究者になっています。論文の投稿が10月12日、採択が10月24日であり、投稿から3週間で掲載に至るという凄まじい早さでした。

Morishima K et al. Discovery of a big void in Khufu’s Pyramid by observation of cosmic-ray muons. Nature 2017 Nov 2. doi:10.1038/nature24647. [epub]


http://www.nature.com/articles/nature24647

ピラミッドの内部をどうやって透視したのかというと、「ミューオンを使った」とのこと。ミューオンは宇宙線が大気に衝突して出来ると言われても、正直、私もちんぷんかんぷんです。もう完全に専門外です。どのようにこの種の研究が進んでいるのかイメージ出来ませんが、結果だけ聞くと「ふ~ん、そんなのわかっちゃうのか~」という感じですね。
このニュースはサイエンスでも採り上げており、注目度の大きさがうかがえます。


http://www.sciencemag.org/news/2017/11/cosmic-rays-reveal-unknown-void-great-pyramid-giza

古代の巨大構築物であるピラミッドには21世紀の今もなお謎が多いですが、すこしでも解明が進むと面白いですね。
このニュースに対しては、世界中の読者の皆さんが「やはりエイリアンの仕業か」「悪戯でしょ?」などの感想をそれぞれ述べており、SNSなどで喧々諤々の議論が展開されています。「ピラミッドの中に大きな穴があったとして、なにが面白いの?」という冷たい意見をつぶやく人もいるようですが、私はこういうロマンのある研究も好きです。

この記事をはてなブックマークに追加