Tune-in

Ham Radio, Short Wave Listening, Life Hacks, etc.

チェックディスクでエラー修復

2018-02-11 15:42:08 | パソコンと周辺機器

Windows10のデスクトップPCなんですが、左下のスタートボタンを押しても何も反応しなくなってしまいました。1,2カ月前にも同様の症状が出て、その時はセーフモードで一旦起動させたら直りました。

今回はセーフモードでも治ら無かったため、チェックディスク(CHKDSK)を実行したところ不具合が見つかって自動修復されました。
参考にしたサイトはコチラです。

簡単にメモしておくと、

CTRL+SHIFT+ESC で タスクマネージャー起動

 ファイル→新しいタスクの実行→cmd (「このタスクに管理者特権を付与して作成します」にチェック)

CHKDSK c: /r  でチェックディスク実行(再起動後に実行される)

私の場合、不具合がたくさん発見された。もう一度、/f オプションでチェックディスクを実行。

CHKKSK c: /f

問題がなくなるまで/f オプションを繰り返す。

---ここまで---

ログを見てみると、一回目(オプションは /r)は、

Cleaning up 10810 unused security descriptors.

が出て、この数字が大きいと問題が多く発見された、ということらしいです。

で、/f オプションで再度実行すると、2度目は状況が変わっていて、

Cleaning up 37 unused index entries from index $SII of file 0x9.
Cleaning up 37 unused index entries from index $SDH of file 0x9.
Cleaning up 37 unused security descriptors.

となっていました。先のリンク先のアドバイスによると、この数字が一桁になるまで繰り返すと良いらしいです。

3回目

Cleaning up 22 unused index entries from index $SII of file 0x9.
Cleaning up 22 unused index entries from index $SDH of file 0x9.
Cleaning up 22 unused security descriptors.
 
少しまた減った。
 
4回目
 
Cleaning up 26 unused index entries from index $SII of file 0x9.
Cleaning up 26 unused index entries from index $SDH of file 0x9.
Cleaning up 26 unused security descriptors.
 
あれ、また少し増えちゃった。
 
この作業中も気づいていましたが、スタートメニューはもちろん直ったのですが、起動の時間がかなり早くなりました。
今までは、デスクトップにアイコンが出て、作業ができるまでヘタすると1分以上待つ感覚でしたが、ちょっと待つだけという感覚になりました。おそらく、ディスクのエラーが影響していたのかもしれません。Windows10は起動が速くなったのが特徴らしいのですが、初めてその恩恵にあずかれるようになった感じです。
 
ハードディスクを交換した方がいいのかなぁ??

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村
アマチュア無線ブログランキング
BCL・ベリカードブログランキング
http://taste.blogmura.com/ham/ranking_pv.html

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハクキンカイロって知ってる? | トップ | A1Clubのメモリーキーヤーの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

パソコンと周辺機器」カテゴリの最新記事