Tune-in

Ham Radio, Short Wave Listening, Life Hacks, etc.

断捨離とQSLカード

2017-05-15 21:23:22 | アマチュア無線

父が亡くなって、誰も住まなくなった実家の処分も昨年中に終わった。
父の持ち物も形見として手元に残したわずかな品を除いては、趣味の品、本や手帳、衣類、家具、家電などほとんどが廃棄処分、売却処分となった。そのような経験を通じて、自分の持ち物も殆どやがてはそのような運命にあることに気づかされる。いつか読むであろうと思って保管している本は、殆どは再び読むことなく廃棄される。あとに残されて、これらを処分する人は、一時のこととは言え、種々雑多な課題山積みの中での作業で、結構大変なものである。そう思うと、電子書籍というのは場所も取らないし、処分の必要もないので、このような観点でもいいのかもしれないし、生きている間に断捨離するのは、後の人のためでもあるのだなぁと思う。

以前、ネットのどこかで、「QSLカードは貰っても捨てている」といったような書き込みを見た。そのときは過激な発言をする人だなぁ、と思ったので覚えている。せっかく送ってもらったカードを捨てるとは、送った人が聞いたら気を悪くするだろうなぁと。

ところが考えてみると、QSLカードもやがては廃棄処分となるものである。本と同様、自分が高齢になった時には見切りをつけて捨てるかもしれない。ネットでは上記の発言の主の年齢や境遇は知るすべもないが、ご高齢ですでにこれまで大量にあったカードを処分してきた人かもしれないし、老後は一戸建てから駅前の便利なマンションに引っ越して、手狭になったために泣く泣くカードを処分した人かもしれない。

自分はそれほどたくさんのQSLカードを交換していないので、靴箱2,3箱分くらいの分量である。アワードを集めているわけでは無いので全く整理していない。電子書籍よろしく電子QSLというのもあるらしいが、まだまだ紙のQSLカードが中心。自分はもうしばらくは、紙のQSLカードを発行するし、受け取った時に少し眺めて楽しむことは続けていくだろう。

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村

アマチュア無線ブログランキング

BCL・ベリカードブログランキング

http://taste.blogmura.com/ham/ranking_pv.html

別冊CQ ham radio(ハムラジオ) QEX Japan 2017年6 月号
 
CQ出版
ジャンル:
かなしい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 18MHzの送信でUSBIF4CWが落ちる | トップ | 洗濯機を物色にビックカメラへ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL