Tune-in

Ham Radio, Short Wave Listening, Life Hacks, etc.

レ・ミゼラブル(角川文庫/上下巻版)読了

2017-08-13 15:08:59 | 読書

今日は少し暑さがマシでしょうか。この連休初めて、冷房なしで日中過ごしています。

2012年に角川文庫から発行された「レ・ミゼラブル」(上・下巻)

妻が発行当時に買ったもので、当時に私も読みかけましたが途中でストーリに集中できずに挫折しました。
今回、久しぶりに再読したところ、最後まで読み終えることができました。
さすがの古典、いい小説だと思いました。ジャンバルジャン、マリウス、ジャベール警部などの登場人物が素敵です。

ところがですね。この上下巻は、オリジナルのものの半分くらいの分量にしたものらしいです。
読了後、巻末の解説で初めて知りました。たしかに2012年以前に発行されている文庫ですと4巻くらいの分量です。
オリジナルでは、本筋とはあまり関係のない登場人物の描写や、時代の説明が所々で長くて、読みこなすのが大変らしく、ストーリーに影響の無い範囲でカットした英語版を、日本語に翻訳したものがこの角川文庫の上下巻版になります。

これでも、内戦の描写など理解しながら読みするめるのは結構つらかったです。

レ・ミゼラブル (上) (角川文庫)
クリエーター情報なし
角川書店(角川グループパブリッシング)

 

レ・ミゼラブル (下) (角川文庫)
クリエーター情報なし
角川書店(角川グループパブリッシング)


にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ

にほんブログ村
アマチュア無線ブログランキング
BCL・ベリカードブログランキング
http://taste.blogmura.com/ham/ranking_pv.html

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

SF小説「ガニメデの優しい巨人」

2017-05-26 23:16:49 | 読書

3月に偶然本屋で手に取った、SF小説「星を継ぐもの」(ジェイムズ・P・ホーガン)を某読書SNSサイトにアップしたら、「続編も読むべき」と紹介を受けた。結局、買わずに図書館で借りたが、続編「ガニメデの優しい巨人」、こちらの方が面白かった。そして現在、そのまた続編の「巨人たちの星」を読んでいるところです。

闘争心を持たない優しい異星人ガニメアンや、月面で死体で発見された人類よりも過去に発展したルナリアンが登場します。
まだ途中なのでこれからどうなるんだろう…。
これらは1977~1981年の作品です。(図書館でかりたのは1982年の版で、経年で紙がかなり茶色に変色しています)

とくにSFが好き、というわけではありません。50歳を過ぎて以降、乱読中です。

明日は、ついに洗濯機が納品です(笑)

星を継ぐもの (創元SF文庫)
 
東京創元社

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村

アマチュア無線ブログランキング

BCL・ベリカードブログランキング

http://taste.blogmura.com/ham/ranking_pv.html

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ハノイは河内?

2017-04-20 23:32:13 | 読書

古い本ですが図書館で借りた林芙美子著「浮雲」を読み始めました。
その中で「河内」と書いて「ハノイ」と読み仮名がうってありました。
当て字なのか、ハノイは川の内側にあって漢字文化圏ではそう書くのか?
 

で、iPhoneで「はのい」を変換すると「河内」も候補に出てきました。
お、すごい!
WindowsのMicrosoft IMEでは変換できませんでした。 

あれ、わざわざ図書館で借りなくても、青空文庫で無料で手に入るではないか。

浮雲
 
メーカー情報なし

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村

アマチュア無線ブログランキング

BCL・ベリカードブログランキング

http://taste.blogmura.com/ham/ranking_pv.html

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「インバスケット思考」「熟断思考」

2016-06-19 18:27:17 | 読書

さすがに年齢が50を超えて、最近この手のハウツー本は避けてきたが、たまたま図書館のこの手の棚に立ち止まってこの2冊を引っ張り出して借りてきた。まず一冊目は、

世界一わかりやすい「インバスケット思考」 (講談社+α文庫)
クリエーター情報なし
講談社

「インバスケット」は「未処理箱」で、たくさんたまった案件を短時間でどのようにこなすのか、が「インバスケット思考」のポイント。この本の具体例では20の案件を1時間で処理を経験できる。
昔に会社の昇進試験でこのインバスケットがあって経験済み。もっとも正解はないが、優先順位の低い案件を後回しにして、優先順位の高い案件にどれだけ時間をつかうかということが観察される。この本は、読み物としても面白くできているので一見の価値がある。

二冊目は、

スタンフォード・マッキンゼーで学んできた熟断思考
クリエーター情報なし
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)

 こちらは、決断が必要な時に、あらゆる可能性を考えて、決定しているかということがポイント。
ディシジョンツリーを作成して判断する。普段頭の中では考えているつもりでも、こうやって書いてみると見逃していることや、本当に期待していることは何かわかりやすくなる。ただ実際に詳細にこれをやることは、どのレベルまで考えて書き出すかが問題で、なかなか難しいように感じた。

 にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村


アマチュア無線 ブログランキングへ

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加