パリは遠くになっちゃって

忘備録的ですがレアな情報も時々。

千駄木はお屋敷街

2017-08-08 13:45:58 | 国内各地
みなさん
こんにちは

安田楠雄邸の周辺はなんだかすごいお屋敷ばかりで



須藤邸、かなり広い邸宅です
吉野石膏の社長が代々お住まいです

この近くに須藤公園という小さな公園があります。

元は、加賀の前田家の下屋敷で、明治時代は政治家の品川弥次郎子爵邸であったものを明治22年に実業家の須藤吉左衛門が買取、昭和8年に公園部分は東京市に寄贈されました

池があり、そこには赤い橋がかかり、藤棚がありとなかなか風情のある公園ですが、ただいま工事中では入れません

残念!

かなりの坂道を下ります
公園内には階段があるもようですが、



すごい斜度です、雪の日は大変そう

公園の端っこには災害用ポンプ井戸がありました



須藤家のお隣



お茶室の様です

茶人であった山脇善五郎氏の築地の家が関東大震
災で被災したため、震災直後、ここに建てられた邸宅

山脇善五郎とは裏千家の茶人で、赤坂の女子校山脇学園とは関係ありません?

現在は茶室 睡庵 として使われています

そしてその隣の日本家屋



すごいでしょう?



2階の窓はおたふく窓
サッシに変えてません

このお宅は表札からお住いの方の苗字はわかるのですが、前述の2軒のように簡単にはわかりません

他にも
高村光太郎の実家とか、

プロレタリア文学の作家で、共産党の宮本顕治の妻、宮本百合子の旧邸宅跡の門とか



この門しか残ってませんが、この路地を入って行くと高村光太郎の実家、高村光雲の遺宅があります。
行ってないけど

一口に谷根千とか呼んじゃってるけど、千駄木はとても下町なんて呼べない区画もあるってことだな


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安田楠雄邸、洋間から | トップ | 根津、うどんの釜竹 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

国内各地」カテゴリの最新記事