パリは遠くになっちゃって

忘備録的ですがレアな情報も時々。

百段階段

2017-05-17 17:52:31 | 国内各地
みなさん
こんにちは

先日行った百段階段

お部屋の写真をもう少し

まず、百段階段とは目黒雅叙園、いまは名称がホテル雅叙園東京に変わり、
以前の結婚式場からホテルに変わりました

その雅叙園が昭和10年に建造した建物、木造の旧館として百段階段と呼ばれホテル付属の美術館?画廊?として使われています

イベントのない時は食事とセットで、4800円から11000円の見学ツアーがあります

私は谷中の猫ギャラリーで



いただいた招待券で



行きました。

イベント開催時は入場料1500円です

百段階段の建つその土地の地形は行人坂と呼ばれる急な坂道に沿っています
そのため、長い階段に沿って右側に部屋がある形になっています

最初は料亭でした
当時は料金を明示して食事を提供する革新的な料金体系だったそうです

隣は大円寺と言う大きなお寺でそこには八百屋お七の彼氏?吉三の墓あります

まず、先日も上げた写真ですが、



この階段に沿って右側に部屋があります



まず、入って最初に想像と違うド派手な部屋で
げっ!何?と

ネコ展だったので作品がたくさんあり



お誕生日猫、つまり366個の猫

しかし、天井は



日本画、荒木十畝、あらきじっぽ、の描いた絵
じっぽ、知らない画家です

かなり派手でしたが、これはプロローグに過ぎず
次の部屋がものすごくて



暗くてよくわからない写真ですが、







床の間の上にもう1枚の絵があり、天井にも絵
金箔貼りです

床柱は立体的な紅葉

写真撮りましたが、なんだかよくわからないできなので省略

やはり、結婚式場としては派手すぎて人気はなかったそうです

元禄文化とはこう言うもんだよと見せつけるようでw



猫もビックリ


続く



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フラワーフェスティバルとやら | トップ | 百段階段 その2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL