パリは遠くになっちゃって

忘備録的ですがレアな情報も時々。

佃煮御三家

2017-03-21 11:33:46 | 国内各地
みなさん
こんにちは

味のある東京の風景をリポートせよ、
できれば、江戸川区か日本橋周辺でと言うミッションが来ました。

江戸川区?
日本橋?

どこがあるだろうと考えていたら、
「あ、佃島行こうと思ってたんだ!」と思い出し、昨日突然行って来ました。
佃島は中央区ですが。

江戸情緒の残る昭和が感じられるスポットと言う、なんだかまわりっくどい味のある場所、と言うか、頑張って残してる、もしかして次の世代にはなくなるかも?的な場所です。

せめて、20年前、いや?バブルまえに行っとくべきだったかも。

地震やら津波やらで河口の街は整備が進み、
風情がイマイチかも。







以上が佃に御三家

あと1軒



おやすみでした。

三連休の最終日の午後。
観光客は居るには居るけどそんなにいません。

築地市場から本願寺、勝鬨橋を抜けて月島でもんじゃ焼き食べ、こっちまでは来る人は少ないのかも。

私は逆転コース、佃島、月島、勝鬨橋、築地市場と言うコースにしました。

まず、メトロ有楽町線月島駅で降ります。



6番出口から出るとこんな風景。
マックを背にして道を渡ります。



左に曲がり高架に沿って下道を行き、



こんなかんばんのある小さい公園を過ぎ、



公園を振り向きつつ



この階段は昇らずに行くと右に曲がる



この先に御三家があります



まずは田中屋さん

穴子の佃煮は100g 1000円です。思ったより量ありました。
田中屋さんは、ネット通販なし、百貨店に出ることもなし。
ここでしか買えません。
穴子買って、季節限定のイナゴ買うか悩んでやめ。

隣が佃島と言えば出てくる写真、天安

天安にはうなぎの佃煮、100g 2750円
うなぎは買わず、貝ひもとアサリを買いました。



ちょっと離れて、佃久。
まっすぐ進めば昨日は休みのつくしん

あまじょっぱい貝ひも、あさり、小女子は白ご飯にも合うけど冷やで日本酒も良いかも。
塩分、糖分、体に悪い = 旨い って言うあれだわ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こんどこそ、ローマ時代の遺跡 | トップ | 佃島あたり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。