ら族の歳時記

「道が分かれていても人は幸せになる道を選ぶ能力がある。」
能力を信じ、心の安らぎの場を求めて、一歩一歩。

置いてくる

2016-10-18 22:34:24 | Weblog
チビ(姪)、中学1年生、野生児。

その実態は発達障害児。


視覚認知の障害とアスペルガーに近い感覚の障害がある。

よって、間接的な表現がわからない。

当然、空気も読めない。





チビは週末、お泊りに来る。

おばあちゃんちでしっかりしゃべってストレス発散。

甘えて精神安定ということか。


学校の都合で止まれないときは
夕飯食べてお風呂に入って帰っていく。

近距離なので、玄関先で放出してもよいが、
チビが怖がりなので、家まで送っていく。



ら族「今日は私が置いてくるわ」

母「頼むね」

チビ「置いてくるってなに?」

母「チビちゃんをおうちの前で
  荷物のようにひょいっと置いてくることだけれど」

チビ「置いてくるっておかしくない?」


チビ、このような表現がわからない。

「置いてくる」は私だけでなく母も使う。

赤ちゃんの頃からのチビを抱いて連れて行った
なごりだと思う。

納得がいかないチビ。



しかし。。。

ら族「置いてくる以外にも捨ててくるというのも
   使うけれど」

チビ「?????????」


玄関先間近までつれていけば
とっとの玄関の中に入り
自分でインターホンを鳴らして
家に入っていくではないか。

振り向かない、あいさつしないことも
しばしばある。


捨てる、放置、放出。。
困ることはないではないか!





そうそう。母と出かけるという話をしていたら

チビ「彼氏を見つけに行くの?」
と口をはさんでいた。

ら族「ばっかじゃないの?。
   なんでおばあちゃんと出かける理由が
   彼氏を見つけに行くになるの?
   色気づきおって」

母 「そういうことをいうようになったんだね」

チビ「みんな彼氏いるからさあ。
   そうおもっただけ。」




というピントはずれな(空気を読めない)
チビをいじるのは大変面白い。


だた、教科書丸覚えで学年順位が高く
「私は頭が良い」と自信過剰になっているから
いじりやすいということもある。

自信がないときにいじったら
あとが大変かも。

チビ、次のネタをまってるぞ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最近の体のこと | トップ | 今日の出来事 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む