ら族の歳時記

「道が分かれていても人は幸せになる道を選ぶ能力がある。」
能力を信じ、心の安らぎの場を求めて、一歩一歩。

検問

2017-07-29 17:51:46 | Weblog
透析の帰り、検問に遭遇する。

昔の検問は、遠くからわかりにくかった。


今回の検問は、
路肩、センターラインの3か所に
三角コーンを5メートルほどの距離に立てて
その三角コーンの上には赤く光るライトがついていた。

警官も4人もいて、
それぞれ誘導灯を持っていた。


仰々しい


あまりの仰々しさに飲酒検問ではなく、
事件が起こっての検問か?

免許証はお財布のどこのポケットに
いれてあったけ?

と思いつつ、検問の場所に近づく。



「運転手さん、
 金曜日の夜なので
 お酒飲んで車を運転していないかの確認です。
 これに息を吹きかけていただけませんか?」

ご丁寧な言葉遣い。


吹きかけ、当然すぐに通してもらった。



あまりの仰々しい検問に
びっくりした。






しかし、この検問の手前にわき道があって、
抜けようと思えば逃げられる。

意味ないじゃん。

この検問の位置がおかしいと
某所でつぶやいたら、

派手な検問はトラップです。
わき道にちゃんといますよ、お巡りさん^^


と書き込みが。

え!!!!
なんですと???




この道、夜だからという甘い思いか、
停止線がある側から車が飛び出してきたり、
自転車がでてきたりと
いろいろ危ない目に遭っているので
優先道路側にいても
交差点では徐行するようにしている。

徐行して左右を見たつもりが。。

見ていなかった。

いやもっと遠くにいたのかも。


言われてみれば、
ここで検問して捕まえても
車を停めさせて切符を切る場所がない。

完全にトラップだ。。。。





という、久しぶりに
飲酒検問に遭った夜でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エリアメール | トップ | バスタオル »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事