ラッコマンの喫茶室

フォーク好き、クルマ好き、正義の味方、ラッコマンのブログです。

マーチンD-28 サドル調整

2016-10-14 17:41:37 | 日記

マーチンD-28のトラスロッド調整が落ち着いてきたので、先週からは、いよいよサドル調整に入っていた。
リペアから帰ってきた状態では、1~2弦が低い感じ。3~5弦が高い感じ。6弦はちょうどいいかな。
そこで1~2弦は、削らないように、3~5弦は平均に湾曲させながら1mm程度下げた。
サドルの底面は、できるだけ平になるように微調整。
こうして弦を下げてセットしてみたところ、何やら音が「おと」なしくなってしまった感じがする。
あらら、ダジャレを言っている場合じゃないぞ!
大人しいD-28なんかダメよね。
爆音でなくちゃ。
ところがネックに伝わる振動は、結構感じるし。変だなぁ。
サウンドホールを正面にして鳴らしてみる。
うわ~、ぜんぜん違う。
結構、音が出ている。

サドルの高さが変わったことで、音の反響の方向が微妙に変わったのかも知れない。弾き手の方向ではなく、前にまっすぐ出ていく感じだ。

まぁ、それはそれでいいか~。

これだからギターは分からないよね。

最終的に弦とサドルの接着面がスムーズになるように角を取って、今回は終了とした。
結果的に、ネックはまっすぐ。
弦高は、6弦12フレットで2.5mm程度になった。
ストローク弾きのオイラにとっては、やや低くなりすぎた感があるが削ってしまった1~2弦部分を足す訳にはいかないので、仕方ないだろうな。
しばらく慣れるしかないか。
またサドルを仕入れて再チャレンジというのも楽しそうだし、気長にやろうっと。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2000ccのスポーツセダン? | トップ | マーチンD-28。結局、サドル... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む