チームA

ラブラドールと愉快な仲間たち

誤解

2016年11月20日 | 息子のこと
映画を観た後
区役所に寄り
色々と手続きをしてきました


療育手帳が
12月いっぱいで再判定になるので
息子が帰って来る冬休みの
12月のわずかな残り日数で
判定機関の予約を入れなきゃならなくて
慌てて行って来たのでした


すぐ終わると思ってたんだけど
申請書を書いたあと
「色々と個人的な質問もあるので別室へ」と
移動しました


担当だった職員さんは
もうすぐ定年を迎えるのかな?ってくらいのお年頃


お決まりの質問に
今までと同じように答えていました


息子についてや
家での様子や学校での様子
1つ1つ答えていたんだけど

「パニック以外はだいたい穏やかです
人が好きなので私以外の人とでも大丈夫です」
的な話をしていたとき

「本当に自閉症なのかなぁ?
だって人が好きなんでしょ~?
自閉症ってコミュニケーションがとれないとかだよね?
自閉症じゃ無いような気がするな~」的なことおっさってて


なぬ?って
久しぶりの感覚に落ちたのでした

人が好きだからコミュニケーションが取れるかっつったら
そうじゃないしね


まだそんなこと言う人がいたのか~

なんか人の良さそうな優しそうな雰囲気の職員さんだし
ひょっとして私を慰めてくれてるのかな?

診断されたばかりでまだ障害を受け止められなくて
「そうですか? 希望を持ってもいいですかね~?うっ
って年じゃねーしな


色んなことが頭を駆け巡ってると


「こないだの講習会ではこんなこと言ってたよ」って
見せてくれた資料には
自閉症のよくある症状が書かれていて
そこには人とのコミュニケーションが取れない!とあった


年齢はベテランの職員さんだけど
この課は初めて見たいで
自閉症についても最近講習会で勉強してきたみたい


おい私!どうしたらいいべ?と自分に問う


「自閉症とは」と
熱く語るほどの若さもパワーも無い

自閉症って字で誤解をしていたタイプの人なのかと思い

「自閉症と言ってもいろんなタイプの人がいますしね
明るいし出かけるのも好きだし人も好きな人はいますよ」
って伝えてみたんだけど

やっぱり納得してない様子

つか病院で診断されてるんだから
そこはもういくネ?と思いつつ       ←早く帰りたいんだもん

「学校の先生で同じようなこと仰ってた方もいましたので
息子は勘違いされやすいタイプなのかもしれないです
専門のドクターにそのことを伝えたとき
逆にどの部分が自閉症じゃないと思うのか聞きたいです!
って言われたくらい自閉症なんですよ(笑)」

って私なりに角が立たない様に頑張ったんだけど
やっぱり納得してない様子に見えたな~


それ以外は将来のこととか心配してくれたり
もの凄く人の良いおじさんオーラが出ていたんだけど

そのうち苦情がいきそう




ランもたまに
誤解されることがあるよ

「この犬って盲導犬になる犬よね?頭良いんだよね~」って

ただのペットだし
盲導犬の血は一滴も入ってないし

普通のおばさんが育てた

普通の犬です





すみません
今日のコメント欄閉じてあります


にほんブログ村


にほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 映画 | トップ | 女旅 »
最近の画像もっと見る