ろずすほめ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

関塚ジャパン、慢心排除 モロッコ戦「準備

2014-09-29 03:18:06 | 日記
サッカー男子(原則23歳以下)の日本は27日、1次リーグ第2戦モロッコ戦(... サッカー男子(原則23歳以下)の日本は27日、1次リーグ第2戦モロッコ戦(29日、日本時間30日午前1時)の行われるニューカッスルに移動し、約1時間半、体を動かした. モロッコに勝てば、3大会ぶりの決勝トーナメント進出が決まる. 初戦のスペイン戦に1―0で勝利してから、一夜明け、主力組はランニングなど軽めのメニューで体調管理に努めた. 日本で大きな話題となっていることは選手の耳には届いていない. FW永井(名古屋)は「温度差がありますね」、GK権田(FC東京)は「こっちにいると日本の盛り上がりは分からないから、サッカーに集中できる. 慢心が排除できる」と話した. 1996年アトランタ大会では初戦で強豪ブラジルを破りながら、第2戦を落として、1次リーグ突破はならなかった. 主将のDF吉田(VVVフェンロ)は「気が緩みそうになりがち. ナイキ 新作 ふっと油断すると足元をすくわれる. 引き締めたい」と注意を怠らない. 不安材料は、スペイン戦でともに左足首を負傷して交代したFW大津(ボルシアMG)とDF酒井宏(ハノーバー). この日は2人ともグラウンドに姿を見せずに、宿舎での調整となった. 酒井宏に代わって、出場が濃厚なDF酒井高(シュツットガルト)は「モロッコの対策はしている. しっかりと準備はできている」と語った. (吉田純哉).
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ディズニーの世界に迷い込む!?  | トップ | ズボンが特徴的な『ストリー... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。