湘南農園 野菜作り

海の近く湘南で、プロもビックリ、美味しい野菜作りに挑戦しています。

ボカシ肥を仕込みました。

2012-04-27 | ボカシ肥、腐葉土

 毎年ボカシ肥作りは年二回。

3〜4月と11〜12月に仕込んできました。

少し遅れましたが、本日は雨なので秋冬用のボカシ肥の仕込みをします。

材料は、米糠、油かす、魚骨粉と発酵促進剤コーランです。 

 一番最初に載せた写真の配合割合で、三箱作ります。

先ずは、材料をよく混ぜます。

次に、水を入れます。

 今回 この割合で注いだ水の量は、2,7リットルでした。

 

 写真の様に、強く握りしめると固まり、触ると崩れる堅さです。

材料に水が滲みていると感じられ程度。

あまりパサパサでは、駄目です。

水が多すぎると、腐敗の元、少なすぎると発酵しません。

水の量が一番難しいですが、少しずつ入れながら調整をします。

最後に、蠅などが入らないように、サンサンネットを被せて物置に入れておきます。

今の気温だと、翌日ぐらいから温度が上がり出し、2〜3日後には50度前後で発酵が進みます。

今後の様子は、週明けにはアップしますね。

 

土、日曜日のブログはお休みします。

ジャンル:
家庭菜園
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 第二弾のスイートコーンの種蒔き... | トップ | キュウリのネットを張りました。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。