ゆがわいた

ラビブログが帰ってまいりました。

潮風に吹かれて

2017-03-21 07:56:39 | 日記

東海道歩き旅も、いよいよ小田原駅まであと6キロの地点にたどり着いた。

 

「休日おでかけパス」

最寄りJR駅の自動券売機で期日を指定すれば簡単に購入できる。


平塚駅を降り立ったとたんに目に飛び込んでくるのがこんもりとした小山。(見る角度によってはオッパイにも見える)

21世紀に残したい日本の自然100選」に選ばれている標高168㍍の高麗(こま)山。

そう、この山が広重の描いたあの奇妙な山の正体。


1時間ほど歩いたあとマックで休憩する。

近くの席にいた家族連れがいなくなり、話題は日活ロマンポルノに。

心もビンビンになり再び歩き始めると、程なくして大磯の町に入る。

歴代首相が八人も住んでいた」わが国有数のリゾート地・大磯。

名所旧跡があちこちに点在する。

旧吉田茂邸(画像)・旧島崎藤村邸・西行ゆかりの鴫立庵・新島襄終焉の地・海水浴発祥の地・城山公園などなど

さらに国道から狭い路地を抜けると、そこはもう海だった。

機会を改め、一日かけて大磯の町をじっくり散策してみたくなった。

 

こうして

先月大きな手術をしたとは思えない健脚のチョウ助さんに引っ張られるようにして

平塚駅から3つ目の国府津駅までの20キロを歩き通した。

そして、とうとう小田原の街に入った。


次回は国府津駅から小田原駅までを歩き、市内観光に加えて美味しい魚を食べようということになった。

(箱根入山は5月になりそう)

前夜に腹をこわし、正露丸を服用しての東海道歩き旅第7弾も

同行者に迷惑をかけることなく無事終えることができた。

気温18度、湘南の風は頬に心地よかった。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 手間ひま | トップ | 暇人 街道をゆく »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。