ゆがわいた

ラビブログが帰ってまいりました。

初めての図書館

2017-05-15 05:41:42 | 日記

13日の土曜日のこと。

私たち夫婦は雪と月を連れて、隣町の図書館に赴いた。

我が町が3つの図書館といくつかの文化センターのミニ図書館に分散されているのと違って

広いキャパと充実した蔵書数を誇る隣町の図書館は使い勝手がとても良い。

 

小学生になった雪が多くの本に親しむよう、この図書館に定期的に通ってあげることにした。

雪の家からは電車とバスを乗り継いでも30分ほどで通えるのだが

その日はあいにくの雨。

月末に運動会を控えている雪、風邪をひかせてはいけないと車で出かけることにした。

もちろん月もくっついてきた。

行きの車中で約束事を交わした。

一つ 館内では走らないこと。

二つ 大きな声を出さないこと。

三つ 本はていねいに扱うこと。(扱うという言葉は使わなかったと思うが)

「守れるお友達は?」

二人は異口同音に「ハ~イ」と応えた。

 

図書館に着き、絵本のコーナーで読みたい絵本を探し始めた直後、月が館内を走り始めた。

慌てて追いかけて身柄を確保した。(近くにいたスタッフの女性に笑われた)

再び絵本探しを始めた。

我が家では絵本大好き少女の月がまったく本に興味を示さずにまた館内を動き出した。

そしてまた走り始めた。

本棚の本を無理やり引っ張り出そうとした。

とうとうジイジの堪忍袋の緒が切れた。

(ここから先はご想像にお任せしよう)

 

雪のためにセッティングした図書館通い。

2歳下の妹に振り回されたひと時だった。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 凛として | トップ | 初めての農作業 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
走る走る (バァバ)
2017-05-16 00:24:34
自由奔放な第二子!
月ちゃんはまさにそれですね〜
図書館のルールを守るのには、まだ少しかかるかな
我が家の孫は今一歳半、今はどこでも走ります。
歩道、公園はもちろん、ショッピングモールでも手を離せば鉄砲玉のように飛んで行きます。
あちこちで謝りながらの買い物。
とにかく大変です
わかるようになるまで続きそうです。
繰り返し伝えて行くしかないですね〜
繰り返し、ですね (ラビ)
2017-05-16 05:58:27
翌日の夕方、月と雪がママと一緒に我が家に顔を出しました。
実家の庭で栽培している蕗を持ってきてくれました。
ママが言います。
「昨日はジイジに怒られて、ずっとしょぼんとしてたんですよ」

4歳の子はまだまだ頭と体のバランスがとれないんですね。
頭でわかったつもりでも体は別の動きをしてしまうのでしょうか。
でも心では大人の怒りをそれなりに受け止めていたようです。
その点、小学生になった雪はクールに事態を見つめていました。
月をきつく𠮟った場面でも妹愛を発揮し、「ジイジそんなに怒んないでよ」と私に訴えていました。

「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば、人は動かじ」
次に月と会ったときは「ほめる」材料を探してあげることにします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。