ゆがわいた

ラビブログが帰ってまいりました。

当世乗り物事情

2017-02-12 06:03:11 | 日記

今週は電車やバスに乗る機会が圧倒的に多かった。

そのたびに色々な出来事に遭遇する。

 

月曜日

馬橋駅を発車した直後に電車が緊急停止した。

荷物を線路に落とした乗客が車内の緊急停止ボタンを押したのだとか。

遅延の4分をとり戻すべく松戸駅でぎゅうぎゅう詰めの快速に乗り換えた。

数十年ぶりに味わう通勤ラッシュ。

電車がカーブに差し掛かると体がドアに押しつぶされる。

こんな思いをしながらも東海道歩き旅の出発点に向かう。

 

火曜日

南浦和駅で20分ほど車内で缶詰。

「前を走る電車が西川口と川口間を走行中に異音を感知したので確認作業を行っています」

繰り返し流れる放送にうんざり。

おかげで赤羽の飲み会に遅刻。(前にもこんなことあったっけ)

 

木曜日

積雪を予想して電車で熊谷に向かう。

愛車はスタッドレスタイヤを装着していないので、雪が降ったら車の運転はしない、と心に誓っている。

湘南新宿ラインに乗り換えようと浦和駅のホームに移動したら

「吉川駅で起きた人身事故により武蔵野線は上下線とも運転見合わせ」という電光掲示板。

私たち夫婦が利用した二本あとの電車が事故に巻き込まれた。

家を出るのがもう少し遅かったら、いつ復旧するかわからない車内でじっと待つことになっていただろう。

連れ合いが出席する予定だった佳頭の授業にも間に合わなかったかもしれない。

 

そして昨日

約束の時刻10分前に王子駅に着いた時にはメンバーはすでに揃っていた。

いつもながらの見事な集合ぶり。

彼らの表情を見て、この日は遅延や運転見合わせのトラブルがなかったことが知れた。


さて、いよいよ街歩き開始。

都電の前に掲げられた日の丸を見て、今日が旗日(祝日)であることを思い出した。

初訪問の雑司ヶ谷鬼子母神堂。

時代小説の舞台そのままの風情が残る。

雑司ヶ谷霊園に眠る夏目漱石の墓に参るのは二度目。

初めてお参りした時に同伴した見目麗しき女性に心を奪われて墓の場所をすっかり失念。

28年ぶりに訪れた墓所を探し当てるのにひと苦労。

初訪問の護国寺。

時代小説の主人公、秋月六平太もここを舞台に活躍す。

三度目訪問の椿山荘は河津桜が見ごろを迎えていた。

自分と同じ何かを祈るようにも見えた庭の一角にある若冲図案の羅漢像。

その思いが通じたのか、帰りにピンコロのお守りを手に入れた。

ランチは「北九州うどん食堂・KOKU蘭」

廉価なうどんを食べる機会が増えた今だが、何にも増してここのうどんはウマかった。

スープも飲み干した。


こうしてテングー会の街歩きは終わった。

私のささやきを律儀に受け止めてくださったH女史さんありがとう。

念願の雑司ヶ谷めぐりが叶いましたよ。


帰宅後

「桜の咲くころ、同じ道を二人で歩こうね」というリップサービスも忘れなかった。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 煽る | トップ | 七人のとりあい »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れ様でした (弱虫)
2017-02-12 09:50:37
テングー会一行誰もが首を傾げた「鬼アザミの清吉」の墓。
「鬼アザミの清吉」は江戸の盗賊で、当時は鼠小僧次郎吉と人気を二分したそうで、歌舞伎や落語の演目になっていたとか。
最後は捕まり、打ち首獄門さらし首、となったそうです。
次郎吉の墓同様、今でも受験生には人気があるらしく、お参りに来て墓石を削って持ち帰ったりしているとのこと。
道理で志望大学の名が書かれた布があった訳ですね。
にわか墓マイラーも面白いもんです。
お疲れさまでした2 (ラビ)
2017-02-12 17:41:30
「鬼アザミの清吉の墓」名前からしてインパクトがありましたね。
鬼アザミはご指摘のとおり江戸の大泥棒。
この大泥棒がなかなか捕まらずに盗み続けたので「するりと抜ける」もしくは「(押し込み先に)するりと入れる」ということから合格祈願のスポットになったそうです。

同じ話は他でも聞かれます。
そうです、両国回向院の鼠小僧次郎吉の墓でも同じ言い伝えがあります。
「鼠小僧の墓石を削って持っているとお守りになる」という話が広まり、墓石がどんどん削り取られたとか。
(今では、自由に削ってもいいようにお前立ちの石が用意されています)

鬼アザミの墓以外では、護国寺の「一言地蔵尊」も心に残りました。
願い事を一つだけ叶えてくれるというお地蔵さまですので、あまり欲張らずに身近な願いを伝えました。
その願いとは・・・・本文にその答えが書かれています。

一言地蔵といえば、両国の回向院にも一言観音があるんですね。
伝え聞くところによると、幹事さんは両国コースも検討されていたそうだとか。
もし両国界隈を歩くとなれば、当然回向院にも出向くことでしょう。
雑司ヶ谷霊園と護国寺で経験した大泥棒の墓と一言地蔵を両国でも体感することができたってわけです。

いやあ街歩きっておもしろい。
街歩きって・・・2 (akino yuuhi)
2017-02-12 20:24:51
前日は雪のちらつく事もあり、天気の心配もしていましたが、当日は風もなく、楽しい街歩きができましたね。
コースというより道案内だけで、拝観した鬼子母神や護国寺の歴史的な事は全くの無知で(調べもせずに)皆様には、ただただ、道先案内人と美味しいもの発見!みたいな『街あるき』となってしまい、はずかしい限りです。

日頃からラビさんにMCをお願いしているので、本当にラビさんの見えぬ苦労(下調べ等)には、頭があがりません。

また初夏にはお世話になります。
よろしくお願いいたします。

モグモグ氏へ
ご自愛ください。合宿でストレス発散しましょう!
元気をもらいました (ラビ)
2017-02-13 05:19:47
MCのご苦労がよ~く伝わってきました。
ランチの店だって、それぞれの好みに合うよう3軒もリストアップされたでしょう。
嬉しかったなあ。

努力の末に豆大福とパンは手に入れることができたので、次にこのコースをめぐるときには、akinoさんご推奨の鶴巻の煎餅屋「小倉屋」に寄ろうと思います。

今回雑司ヶ谷界隈を歩き、初夏の宿泊合宿に向けて元気をもらいました。
そろそろコースづくりとランチの店を物色し始めようかなと思います。
6人で熱海旅行ができるといいですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。