酔いどれペテン師

いつの日か酒断ちができる日まで。

ふざけるな~

2017-05-26 05:47:43 | 日記

九頭龍神社の参拝を終え、ロープウェイで大涌谷に向かうため桃源台に戻ってきた。

チケット売り場に大きな張り紙があった。

大涌谷駅~桃源台駅間は2017522日~623日まで定期点検整備工事のため運休し、この間は代行バスを運行します。

ナニコレ!

せっかく歩いて桃源台駅まで来たのに。

窓口で大涌谷までの代行バスの運賃を聞いたら「フリーパスを持っていない方は1,050円です」

昨年悩まされた、A社とB社が別々に発行しているやたら煩雑なフリーパスチケット。

それを購入していれば代行バスもフリーパスだったのに。

数時間の箱根観光を楽しもうとする私たち3人はフリーパスなんて用意していない。

だとすると、ロープウェイでたった2駅の大涌谷までのバス代が1,050円もするというのか。

ふざけるなあ~~

と叫びたい気持ちを抑えて冷静に考えた。

1,050円はべらぼうに高いが

代行バスはロープウェイの代わりなんだから、料金もロープウェイ代に準ずるというわけか。

というわけで変に納得させられてしまったが

それにしても1,050円は高すぎる~~。

 

近くに乗客待ちのハイヤーが停まっていた。(タクシーでなく居住性のいいハイヤー)

ダメもとで聞いてみた。

「桃源台から大涌谷までいくら?」

車内でスマホをいじりながら暇そうにしていた40代とおぼしき運転手

「およそ2,000円くらいでしょうかね」

私たち3人の目が輝いた。

ソッケツゥ~

乗車してからおよそ10分少々。

大涌谷に到着したときのメーターは2,120円を示していた。

この二日間のうちでもっともリッチな旅を満喫した瞬間だった。

(あとで知ったことだが、湖尻から大涌谷まで西武バスなら400円だった)

 

車内の会話はおもしろかった。

(観光客の割合は?)

「平日の箱根は8割が外国人で、休日となると6‐4で日本人でしょうかね」

(外国人とは英語で会話するの?)

「私は英語が苦手なんで、客が話しかけてこない限り黙ってるんですよ」

(外国人の客もいろいろでしょ?)

「男二人連れの客もそれなりにいますよ。いわゆるゲイというのでしょうかね。互いをいたわるように接してますよ」

(私たちのような中高年の男3人組の客は?)

「まず見かけないですね」

   ~ チャンチャン ~


大涌谷の駐車場から顔をのぞかせていた富士山に多くの視線が集まると思いきや

観光客の目は噴煙にそそがれていた。

一昨年から激減した観光客がその噴煙に惹きつけられ、再び集まってきたとは何とも皮肉。

黒玉子を買って食べたのは言うまでもなかった。

 

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホントに歩いちまった | トップ | 早く・早く »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
祝・目標達成 (HITOMI)
2017-05-28 07:29:13
すごーいですね!
やりきりましたね!!
おめでとうございます。

飲み友でなく、包丁仲間(主夫仲間)から、目的をもって、気力・体力(健康)もあってひとつの目標を成し遂げることができ、充実した日々を過ごす事で、(ラビさんの不本意な?)健康てきな長生きができますね。
黒たまごも食べた事ですし…(笑)

箱根の石畳街道はブラタモリでも見ましたが、ラビさん達が歩いた日は猛暑に近い日でしたから、体力が消耗した事でしょうね。
日頃からウオーキングに農作業と私以上に運動量は多いはず、体力年齢がきっと私のほうが、バテでしまうはずです。

ひとり寝のツインベットルームでの写真はニッカウヰスキーのCMのようで、インスタにアップされたら、いいね!
感謝 (ラビ)
2017-05-28 12:52:29
帰宅後数日間は足腰が重く、思ってた以上に疲労がたまっていたんだと実感しました。
でもこうして、ねぎらいの言葉をいただくと、足腰の疲れも吹っ飛びます。

この話が持ち上がった時は正直どこまで歩けるんだろう?せいぜい藤沢か戸塚あたりまでかなと予想していました。
それが藤沢を過ぎるあたりから確信に変わっていきました。
「三人寄れば文殊の知恵」どころか、自分でもうかがい知れない力が発揮されることをしみじみ痛感しました。
まあ、最終日に自分のふがいなさをさらけ出してしまったのは愛嬌としておきましょう。
中仙道では何とか5キロ減量を達成し、相棒に迷惑をかけないようにしたいと思います。

ウィスキーの写真の過分な誉め言葉、いたみいります。
あのホテルをご存じだからこそ、あの写真から伝わる雰囲気を感じていただけたのではないかとナットクした次第。

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。