独りで喋ってます(^。^)

★今在ることを感謝しつつ<(_ _)>
  

敗戦忌

2017-08-13 10:06:36 | 呟き
★敗戦忌もはや歴史の一ページ 早苗
また今年もあの八月十五日がやってくる。

デイサービスの短いカラオケタイムで、私は最初の曲を
「ああモンテンルパの夜は更けて」にした。
去年のこの日は、まだカラオケタイムなどなかったが、
唄うことを生きがいにしている今年の私。
最初から演歌などを歌う気にはなれない。

フィリピンのBC級戦犯で死刑の判決を受けていた二人の陸軍大尉
の作詞作曲によるこの歌は涙無くしては唄えない。

終戦から七年もたっているのに未だ獄中に居た兵隊さん達を、
渡辺はま子さん達の必死の奔走により、大統領は釈放したらしい。

感動的なこの歌もそしてもう一つ「異国の丘」も私の大切な歌に
なっている。

多分私一人が胸詰まらせて唄っているに過ぎないけれど、
私は敗戦忌の歌として歌い続ける。

   モンテンルパに朝が来りゃ
   昇る心の太陽を
   胸に抱いて今日もまた
   強く生きよう倒れまい
   日本の土を踏むまでは♪♪
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 道理引っ込む | トップ | 九月一日 »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
赤紙 (みう)
2017-08-13 17:18:27
戦争のこと、まだ生まれてなくてまったく解りません。
両親は、父は中国出征しました。母は兄(1941年生まれ)を背負って父の故郷岐阜へ疎開しました。
住居の名古屋には、ゼロ戦等戦闘機製造の三菱重工業がありましたので空襲を避けました。
両親は、私が物心つくようになってから戦時中の話を聞かしてくれました。母は、苦労話。
父は、銃弾跡刀跡を見せながら武勇伝ばかりでした。
それと食べる物がなくてヘビカエル等食べたんだとかそんな話ばかり。
歌の苦手な両親、歌は聞かされずでした。
後になってからナツメロで知った程度です。
父が他界してから母に色あせた赤紙を見せて貰ったのですが、もう赤色は、紫っぽくなってぼやけてました。
こんな紙一枚で出征とは。
すごい時代だったんだなと感じました。
と同時に武勇伝ばかり聞かされてた父ですが
無事、帰還されたことを感謝しました。
らべさん、貴重な話をありがとうございました。
私もすでに他界してる両親を想いながら父と戦地こそ違うけど「異国の丘」など覚えていこうかな。
コメントどころか私のつぶやきになってしまってご免なさい。
Unknown (らべ)
2017-08-13 18:53:05
みうさん こんばんは(^。^)
お父様も戦地に行かれたのですね。
善良な庶民が赤紙一枚で戦地に狩り出され、
上官の命令で敵に危害を加えてもそれが戦争
なんですから仕方がないですよね。
BC級戦犯の中には、殴打したくらいのことでも
戦犯として俘虜収容所に入れられ、過酷な
労働などをさせられたとか。
そして沢山の人が死刑になったとか。
勝者と敗者ではどういう理不尽なことでも
何も言えないということですわね。
第一線に狩り出され、むごい目にあわされるのは
いつも無辜の民なんですよ。
異国の丘は吉田正さんの作曲ですよね。
あれはシベリア抑留の兵隊さんの話です。
シベリアは酷かったらしいですねぇ。
何処ででもどんどん呟いてください。
ありがとうございました。
こんにちは、 (まあちゃ)
2017-08-14 15:13:24
らべさんの声が聞こえてきそうです。
千五直後のことは、
何も覚えていませんが
母が良く歌っていました、
まるで子守歌のように
だからもの心ついたときは。
私も歌っていました、
歌い続けるといういらべさんの気持ち
とても伝わります、

異国の丘歌えます、🎵
異国の丘 (らべ)
2017-08-14 18:17:54
まあちゃさん こんばんは。(^。^)

お母様も唄ってらしたのね。♪

渡辺はま子さんの声が素晴らしくてねぇ。
それも私の心をつよく打っています

異国の丘・・吉田正さんの作曲ね。
まあちゃさんのお歌、お聴きしたいわねぇ。

ありがとうございました。(^。^)
こんばんは。 (秋桜倶楽部)
2017-08-22 19:33:45
モンテンルパのお歌は知りませんが、異国の丘は知っています。幼児期宴会好きな父と友人が集まると歌っていました。膝の上で聞いていて覚えてしまいました。
今でもうろ覚えで歌えると思います。
異国の丘 (らべ)
2017-08-22 20:09:22
秋桜倶楽部さん こんばんは。(^。^)

まぁ、こちらまでお越しくださりありがとうございます。(^^)/
異国の丘を・・そうですか・・♪
お父様のお膝の上で・・・(^^♪

あれはシベリアの俘虜収容所で実に過酷な
労働をさせられていた兵隊さん達の歌です。

作曲の吉田正さんはあまりにも有名ですね。
やはり、収容所に居られたそうですよ。

悲しい歌です。

コメントをありがとうございました。

コメントを投稿

呟き」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。