喝! ~since 2005~
ごく普通の日記と、旅行・登山・資格試験などの個人的備忘録
 



春だ、桜だ、新緑だ!ということで実家に戻って日光の白根山でも登ってこようと思っていましたがあいにく父が第三土曜日は仕事ということで家で暇していた母を連れてどこか行くことに。その辺の低山でも登るかと提案したところ、山登りは無理だと言うので、一人で行こうと思いましたが、そういえば正月に大岩の毘沙門天で見た「足利七福神めぐり」やるなら今なんじゃないか?と思い出し、急遽七福神めぐりに企画を変更しました。


さて、事前準備だ!
足利七福神めぐりのガイドは市のホームページにもアップされているが、結論から言うとこれは結構誤解を生む!縮尺がめちゃくちゃだし、位置も微妙にずれているので、これだけを持って歩くとすべての七福神に会えないかもしれません。なので、寺院の住所をスマホの地図アプリなどで検索して歩くのがオススメです!

ガイドによると、足利市に全部で11箇所チェックポイント(寺や神社)があり、それぞれのチェックポイントに七福神が1体ずつ祀られています。七福神なのに11箇所??えぇ、七福神がかぶってます。弁財天とか大黒天とかは重複して祀られています。まぁ、いろいろあったんでしょう・・・
ちなみにモデルコースでは、8箇所のチェックポイントをまわり、約8km、3時間のプランとなっています。今回は、このモデルコースに加え、他の3箇所も車を使って周り、全11箇所の制覇を日が暮れる前に達成したいと思います。

あとは事前に知っておきたいのが七福神のご利益について。恵比寿様だけが日本の神様だったとは。。。今回初めて知りました。

・恵比寿:日本、商売繁盛・財福清廉・漁業の保護
・大黒天:インド 生産・豊作・財福 古代インドでは戦争の神だった
・毘沙門:インド 財宝福徳・子宝・戦勝 四天王
・弁財天:インド 音楽・芸術・知恵財宝、愛嬌縁結び
・福禄寿:中国 幸福・福禄・長寿・招徳人望
・布袋尊:中国 夫婦円満、子宝 唯一実在した禅僧
・寿老人:中国 長寿



ということで、14時20分スタート(遅すぎ!)。便宜上、たかうじ君広場に車を置きました。3時間まで無料で使えるようなので3時間以内に帰ってきますで!出だしは若干雨っぽいので傘を持っていきます。



スタート早々、閻魔大王がいるとのことでさっそく寄り道。こういうのって車で通ってるとわからないですね。「いるから何だ?」ではなく、「へぇ~、足利にもこういうのがあるんだね」と楽しみながら散策するのがいいですね。


①鑁阿寺(大黒天)(14:25着)


まずは最初のチェックポイント鑁阿寺へ。ここも今やポケモンのポケストップが大量設置されていることもあり、多くの人がアイテムを取りに来ていると聞きます。2013年に国宝に指定されました、今日もにぎわっています。



ここでは大黒天が祀られていますが、今日は祀られていますが今日は扉が閉められていた。。。しょっぱなから七福神に会えず…残念です。




②明石弁天(弁財天)(14:50着)


美人証明書を出す日本でたった一つの神社というのはかなり昔からのフレーズです。自分高校生の時、おかしなことを言っている神社ということでネタになってましたがね。20年近く経ってますが変わってないな。この神社の前は幾度となく通りましたなぁ。



水かけ弁天となで弁天、せっかくなので触っていきましょう。触ったのはさすがに初めてかも?


ここから我が母校、足利高校の近くを通り、心通院へ。


③心通院(寿老人)(15:05着)


心通院は初めて来た気がします。七福神めぐりでもやらないとなかなか訪れることもないだろう。



ここにきて天気が急に回復してきた。傘を置きに一旦駐車場に戻ろうか迷うも時間がもったいないので、このまま進む。旧日赤(日本赤十字病院)はちょうど解体されているところでした。2011年に移転してから長い間廃墟になっていたが、ついに姿を消すか。。心霊現象の噂とかよく耳にしたな、高層階がヤバイとか。??次に何が建つんだろうか?



織姫神社は特に七福神とは関係ないみたいなのでスルーで。織姫神社が関係ないというのは意外だったが、後で調べたら機織りの神様(天御鉾命と天八千々姫命)がいるみたいです。

足利工業方面を進んで、西宮神社へ。




④西宮神社(恵比寿)(15:45着)


天気は晴天に!気温もあがって暑い。。祀られてるのは恵比寿天。ここは秋にえびすこ(えびす講)という商売繁盛の祭りをやっていてその時はだいぶにぎわっているみたいだけど、さすがに普段はガラガラです。



恵比寿様の写真を撮って、特に長居することなくすぐ退散。七福神めぐりってこんなもんか^^;楽しい七福神めぐりのやり方、何かないかなぁ。

来た道を少し戻って長林寺へ。



⑤長林寺(福禄寿)(16:00着)


七福神めぐりも5つめとなると、もう訪れたら目的達成のような感じになってしまう^^;どういう思いで七福神を巡るか、どうやって思い(モチベーション)を維持するかというのも考えておかないといけないな。



⑥長尾弁天(弁財天)(16:15着)


織姫神社の通りに戻って長尾弁天へ。七福神全部出てきてないのに、早くも弁財天は2回目!かぶらないようにうまくルート設定できなかったんかいw


次の目的地は足利公園‌付近の福厳寺。もう少し時期が早ければ桜がきれいだっただろうな。



⑦福厳寺(布袋尊)(16:30着)


福厳寺はふくごんじと読む。同じ名前の寺は全国にゴマンとあるが、今回まわった寺の中では唯一中に入れたし、しだれ桜も咲いていて一番印象に残ったかな。



中で少し休んで行った。奥に行くと、お墓利用者の位牌なんかが置かれていて、ここは入っちゃまずそうだと思いすぐに引き返したのだった…


教養のおしえ


教養がないという事は学問や知識がないということではなく、心に栄養がない人をいうのです。
いい言葉だ!



こんなところにだんご屋が。甲府堂というようだが、ほとんど売り切れていてアンコのだんごセット500円しか売っていなかった!疲れているし、アンコが残っていたのはラッキー!さっそく七福神巡りの効果でしょうかw




⑧常念寺(毘沙門天)(16:50着)


徒歩でめぐる範囲ではこれが最後のお寺。常念寺は幼稚園の隣だった。これで七福神はコンプリートです!なるほど徒歩の範囲でも7つ全部回るようにできているわけだ。



ここからは駐車場に戻って、車で残り3つに向かいます。既に暗くなってきたが…大岩に行って名草に行ってと間に合うだろうか…?効率的に回るとすると、大岩は先に行っておいた方がよさそうだ。その前にだんご食べていこう!うん、おいしいです。



⑨最勝寺(毘沙門天)(17:35着)


ここは今年の正月に来たから今年二回目。一年に2回ここに来るなんてこれまでなかったんじゃないか。これも神のお導きでしょうかね。ここにきて階段が長いからちょっと疲れが^^;

残り2つ!どっちに行くべきだ??ここで先に名草に行っておかないと暗くなってしまうのではないかと心配になって来たので先に名草に向かうことにした。だって暗くなってから名草にいくの怖いですもん^^;




⑩名草弁天(弁財天)(18:15着)


結果的に真っ暗になる前に到着することはできた。これで弁財天3回目wまだ1回しか登場していない七福神たくさんいるのに。

ダッシュすれば厳島神社まで行って帰ってくるのは可能だと思うが。。ここで母らしいコメントが!
熊が出るっていう看板があるし、暗いと何かあっても対処できないから鳥居から先は行かない方がいいよ」うーむ、確かにおっしゃるとおり!まぁ神社についても、暗くて見えないだろうから鳥居まで来たので行ってきましたということで!弁財天はもう2つ回ってるしな。

いよいよ最後の徳蔵寺。さすがにまわりに人家もあるし、闇の中ということはないでしょう。。



⑪徳蔵寺(大黒天)(18:50着)


徳蔵寺はなんと自分が中学時代卓球をやったことのあるピンポン寺と呼ばれるところだった!いやぁ、今回の七福神めぐりは懐かしい記憶をよみがえらせてくれるものだ。



ということで大黒天に始まり、大黒天で終わったのであった。家を出てから帰ってくるまで5時間くらいでしたね。十分な時間があれば11の寺や神社を足のみで回ることもできると思うが、今回のように①~⑧を徒歩で、⑨~⑪を車で行くのがやっぱり一番現実的なんだろう。

ということで、福が得られたかはわからないが、全制覇したことで気分は幸せな気分になりました。気の持ち様で同じことをしても達成感あるし、ストレスも減りますからね。いい気分になることこそ、七福神巡りの御利益なのかもしれません。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 遅ればせなが... 衝動食いにご用心 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。