喝! ~since 2005~
ごく普通の日記と、旅行・登山・資格試験などの個人的備忘録
 



実家に帰ったついでに一人で佐野の三床山に登ってきました(結果的には出流原弁天観光も)。足利の山も大体登ってしまったので気分替えて隣の市へ進出。2017年は行動範囲も広げていきたいと思います。



で、三床山は300m前半という低山である上に、一度登ってしまえばほとんど尾根歩きに近いところがありますが、その登るところは傾斜がきつくて、結果的には案外疲れた山歩きとなりました。



まず、山にたどり着くまで。鹿嶋神社から登山口があるということでしたが、ナビが手前の神社(?)に案内してくれたおかげで、最初どこから登るか分からなかった。このおびただしい太陽光パネルが目印です。なんだか佐野は太陽光パネルだらけになっちまったぁ…



年始ということで初山登りだろうか、結構な人がいました。駐車場が一杯だが神社には人が居ないということは…。鹿嶋神社駐車場なのに三床山駐車場化していまっているのはちょっとかわいそうではあります。

三床山は、このあたりの山の中の1つであって、他に一床山、二床山など多くの山があります。持ち時間に合わせてルートを選べば2時間かからず登れるし、融通がきく山だなと。今回は特にプランがなかったので一床⇒二床⇒三床の順で回ろうかなと、その場で決めたのでした。



一床山への道中。看板がたくさん出ているから迷うこともないし、倒木あれば丁寧に山道に合わせてカットしてくれている!非常に良心的。一部ぬかるみあり。これだけ雨降ってないのにぬかるんでいるから一年中そうなんだと思います。

上りに入ると急に傾斜がきつくなります。これは、、ふくらはぎが攣ってしまいそうだ^^;木に捕まらないと自力では進めません。他の山なら階段があるところだけど、、、試されているのか??



そんな急登もつかの間で、尾根へ。西入りの頭を経由してまもなく一床山へ…という時にアクシデント発生!持ってきたペットボトルがバッグから落ちてしまった。尾根歩きなのでちょっと取りに行けないわ~。今日は2本しかペットボトル持ってきてないからこの先、水不足が心配だ。バッグのチャックは完全に閉めましょう!



一床山へ。top写真にも景色を載せているけど、結論としてはこの一床山が一番展望がよかった。さえぎる木もなく、360°見渡せるいい場所です。ここで持ってきた弁当を食べて、二床山方面へ。桜山方面にも行けますが、距離が長くなるうえに二床山も寄りにくくなるので。



こちらは葛生方面。削られた山の岩肌が特徴的です。一床山からの下りもなかなか急だった!天気が悪かったらちょっと怖いな。普段は緩やかなのにポイントポイントで急になるので油断できん。



二床山は割とすぐ着いたが…見晴悪い!木が邪魔で景色は全然期待できないです。場合によってはピークに来たな、くらいでここが二床山だって気が付かないで過ぎてしまうかも。



ここからも相変わらず急なところは出てきますが、基本的に危険個所はなさそうな印象。三床山の前に、小三床山への分岐が。小三床山だけにちょこっとみとこか。ちなみに分岐の看板も新しくなってるっぽい。もともとは木の看板だったんだろうけど、ポールに補強されていた。



見た目の距離よりあっさりと到着。ここも見晴しとしては特に期待できないが、あれが三床山か!と三床山の存在を確認することができた。



そして三床山山頂。新しい祠と古い祠が全部で3つもあった。新しい祠は正月モードだったけど、古い方は原型とどめてないしちょっと差が激しすぎる!



田沼方面の風景。ふと思うのは、なぜ三床山という名前が有名なのだろうか?一床山の方が見晴らしもいいのになぁ。標高の高さは若干三床山が上だからかもしれないけど、山の価値は標高だけでは測れないですからねぇ。



1つ注意したいのが、二床山側から三床山に到達したらその先の道には進まず戻った方がよいということ。古い祠の方に道が続いているので、進めそうな気もするんだけど、その道は正規ルートではないみたいです。ちょっと進むと違和感に気が付くはず。



三床山から出尾根コースを通って下りましたが、この道も結構な急坂。登るのもつらいと思うけど、下りも結構怖いです。乾燥していて砂埃が舞っていたので大分ここで汚れてしまいました。



最後に鹿嶋神社。到着時も閑散としていたけど、戻ってきても閑散としている。正月だから飾りはあったけどほとんど人が近づくことはないんだろうな~というのが周りの雰囲気から感じます。



お賽銭箱ならぬ、お賽銭穴があった。これは珍しい!



これで三床山の登山はおしまい。まぁ、一部急な所があって疲れたと言えば疲れたけど、ちょっと物足りないな~。そんなこともあり帰り際に出流原弁天に寄ってみました。



遅い時間でない限りは地元の人が散歩に来ていたりするので、人はそこそこいる印象だけど、今日は正月明けということもあり駐車場がいっぱいだった。足利出身の自分としては幼少の頃は向かいの釣り堀(今はもうなさそうだ)でマス釣りをよくした思い出もあるし、弁天池で何か買って食べた記憶もあるな、懐かしい。



こちらは赤見の風景。この弁天は建物の中に入って階段をのぼりさらに高い展望台に行けるけど、今日は2階段が封鎖されていた。メンテ中ですかね?



で、これまでは進んだことがなかった途中にあるこの階段。この上に何があるのか知らなかったので登ってみることに。階段の数は結構あって、弁天にお参りに来た人が気楽に立ち寄るというものでもないっぽい。。頂上までもう少しというところで立ち入り禁止みたいになっていた。石段があるのでもともとは記念碑か何か立っていたとか?回り込んで少し上まで行ってみたが、結構傾斜がきつい上に、落ち葉が多すぎてすべるからこれ以上は難しいか。



休憩所があって、そばに三峯神社と雷電神社があった。神社と言っても三床山にあったくらいの祠がポツンとあるだけだが…これまで見た中で最小規模の神社だった。。



ここから下るルートを発見。弁天池へと書いてあるが…下の池に繋がっているのか?



すごい、きちんとした道になってる!これでようやくここの全貌が理解できました。人があまり通っているのをみたことがないけど、案外地元の人が散歩につかったりしてきれいに残っているんじゃないでしょうか?看板のとおり降りれば弁天池に着きます。



ここは日本名水100選に選ばれていて、近くの旅館で名水を使った料理や豆腐が食べられるようになってます。水もよく見るとやっぱりきれいです。

地元の山登り、これは非常に楽しいです。もちろん山の存在自体は昔から知っているけど(三床山はしらなかったが)、山の名前や山の中がどうなっているのかというのをこの歳で知ることによって、懐かしさもあれば新たな発見もあり好奇心をそそられますね。足利や佐野の山は熊などの野生動物もいるので注意は必要だけど、もう少し他の山にも潜ってみようと思います。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




陽菜が幼稚園でかるた取り大会があるらしく、来週選抜代表を決める試合があるということで家でちょっと練習を。陽菜はどうもプライドが高すぎるらしく、自分が好きなかるたを取られるとやる気をなくしてしまうみたいなんです^^;童話がテーマのかるたなんだけど、シンデレラは絶対取りたいみたいw逆にオオカミが出てくるかるたは怖いらしく、場所がわかっていても取らない。そんな選り好みしたかるたあるかい!って突っ込みたくなるけど、子供のかるたなんてそういうものなのか…

で、ちょっと陽菜と勝負してみたけど、結構強い!自分は頭文字のひらがなで取ろうとしちゃうんだけど、陽菜は絵で覚えているみたいだから、目に入りやすいんだろうか。反射神経はさすがに大人の方が優れているけど、先に取られたのも何枚もあった。自分も考え方を変えて、視覚的にとらえられるようにもなると、早くなるのかも?堅い頭を柔らかくするにいいゲームかもしれません。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今期最強の寒波が来ているということで、雪こそ降っていないが風が強くて外は極寒!そんな中だけど、毎月家に届くつくばの地域ニュースで「どんど焼き」というイベントがあることを知り、ちょっと行ってみた。会場は小田城跡とのことだけど、この小田城跡という場所すら初めて知った。つくばの北部は筑波山含めていろいろ歴史が深そうだ。。



朝10時からやっているみたいだけど、目玉は16:30からのどんど焼き。どんど焼きというもの自体よくわからないので調べてみたら、もともとは田んぼや空き地で正月の飾り(門松やしめ縄)などを近所で持ち寄って燃やして残り火で餅や団子を焼いて食べる行事らしい。今では木でこの地域で古くからやっている伝統行事とのことで第29回目のようです。もっと日中暖かければ早くから行って見ようと思ったが、どんど焼きから参加。寒すぎて妻が行けないというので一人で行ってこようと思ったけど、陽菜が行きたいっていうので連れていくことに。

途中混んでいて会場にたどりつく頃には始まってた^^;さすがにメインイベント中だったから駐車場も満車。城址だけに、周りは小高くなっていてそこに人がのぼってどんど焼きを見下ろしているんだな。すばらしい有効利用。



自分ものぼってみた。みなさん竹の棒をもって先にお餅(?)を刺してどんど焼きの火で焼いて食べてる!会場に行くと竹の棒はサービスで置いてあったけど、餅は持参なのか?会場で配っているのか?自分が行ったときは少なくとも配ってなかったからよくわからん。。。どんど焼きは近くに寄ると結構暑い。そして風向きによっては煙が苦しい!餅を焼いて食べるにはそれなりに覚悟をしないと…特に煙の臭いは風呂入るまで取れないし。



豚汁は無料サービスだった。朝からやってるのにこの時間でもまだ無料配布してるって相当な量を作ってるんだろうな~。この日の外の気温は2~3℃くらいだったからアツアツの豚汁は最高だった!おにぎりを持っていけばよかったと思ったくらいだ。他にも出店がたくさん出ていて、バラエティも富んでたし、駅から離れた場所なのに地域イベントとしてはかなり盛り上がってた印象。次は第30回だからもっと壮大にやるのかな?この手のイベントは大好きなので来年も行けたら行きたい!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




大晦日では初となる日帰り旅行へ。しかも場所は銚子。銚子というと初日の出が有名なので、大晦日に行って日帰りというのはちょっともったいない気もしますが元々30日に行くはずだったのが延期になったので宿なんて取ってないし仕方ない…。銚子を選んだ理由は年末においしい魚でも食べてこようということで、大洗とか房総は頻度高いし、久しぶりに銚子もいいかなと思ったから。さて、もう銚子も3回目なのでそろそろ銚子電鉄で旅行してくるか!



プロローグ(8:20発)
そもそもの延期した理由が寝坊だったわけで、今日は何としても早く起きようと準備しました。それでもちょっと遅れたから子供がいると1時間くらい前倒してプランニングしておかないといけないな~なんていつも思わされますね(で結局直らないんだが)さて、銚子ですがつくばからは圏央道を使って近くまで行けるので、我孫子に住んでいたころよりもむしろ短時間で行けるようになりました。



つくば中央ICを乗ると、圏央道2月28日に開通との文字が!そうか、ついに開通するか。これができれば実家にも大分早く行けるようになるかな。途中牛久大仏を右手に眺めながら神崎ICで降りる。ここまでわずか30分強!すばらしい。



下道も混んでなく、出発が遅れたものの予定していた時間に挽回。まずは陽菜が大好きな水族館、犬吠埼マリンパークから。目玉はイルカのショー10:30からの回に間に合いそうだ。



①犬吠埼マリンパーク(10:15-11:35)


この水族館、外観は水族館という感じが全くしないが…。Webクーポンを印刷して提示すると入館が300円くらい安くなるのでお忘れなく。りっくんをベビーカーに乗せてきたんだけど、入って早々に階段があり、抱っこひもでの移動となった。バリアフリーの観点からはちょっと厳しいなあ。



で、さっそくイルカのショー。3匹のイルカが出てきて芸をするんだけど、ここのショーのいいところはイルカが近い!観客も多くないから、邪魔にならないように手すりに寄ってみれば目の前でショーが見れます。



イルカのジャンプで水がかかることがあるので注意してください!」と飼育員さん。シャチで水がかかるのは鴨川シーワールドであったけど、イルカで水がかかるというのは聞いたことがありません。ちなみに水は目で見て緑色をしているので絶対にかかりたくないが。。



目玉だけあってなかなかみごたえのあるショーでした。近くで見れるのが大きいね。となりにはペンギン広場があって、ちょっとだけペンギンの散歩なんかもしていた。陽菜もりっくんも楽しそうでよかった。



建物の中へ。外観が全然らしくないから展示している魚も少ないんだろうなと思っていたけど、他の水族館では展示していないような魚もたくさんいて、面白かった。こちらはクジラのペニスのはく製!こんなの展示してる水族館ある?



ヒトデとかナマコを触れるタッチプールもあったけど、めちゃめちゃ水が汚かったし、何かと突っ込みどころ満載だったな。昭和の時代を感じます。



展望台からの眺め。こちらは今日の観光の中心になる犬吠駅方面。今年最後の太陽がもう南中を迎えています。今日は絶対夕日を見るぞ~。



さて、なんだかお腹が空いてきました。朝早く起きたからなぁ。この後は、すぐ近くの犬吠埼灯台に登ってこようと思ってたんだけど、先にご飯行っちゃおうかな。



冒頭でも書いた通り、今回は移動の中心は徒歩と銚子電鉄です。車はもう16:00までは使いませんからね。昼食は犬吠駅からすぐの島武食堂で食べました。とっても大きなネタが有名な寿司やと、定食屋さんが1Fと2Fに分かれています。今回は寿司でいくぞ。


昼食 11:45-12:35


早めにきてよかった!ちょうどテーブルが空いてました。システムは普通の回転すしと一緒だけど、新鮮なネタが食べたいからといって、すでに流れているネタを無視して注文しても、流れている皿をそのまま持ってこられるので、流れているものの中から気に入ったネタを選ぶのが得策。ちなみにさび抜きとか流れていないネタだったら注文すれば新しく作ってくれます。



このネタの大きさ、すごい!びんトロはもう皿からはみ出しそうなくらい。とにかく面積が広い!他に玉子も特大だし、さすが漁港近くの寿司屋は違うと思った。普段100円寿司で慣れているものでw



キンメ、アジ、まぐろ、サーモンとメジャーなネタはほとんど300円だったけど、どれも最高!こちらはどっちのケンミンショーでも取り上げられたという伊達巻。正月前だけどフライングしていただき!なんだかプリンみたいな食感だぞ?デザートに近かったな。



たらふく食べて5000円くらい。いやぁ大満足でした。犬吠駅を右手に眺めて、さらに少し歩いて満願寺へ。この辺りの道は歩道がないから十分注意してあるかないと危険



②満願寺(12:45-13:25)


これまで気がつかなかったけど、銚子には大きなお寺がいくつかある。その1つがこの満願寺。立派な門です。大晦日にお寺というのも斬新。明日はここも混むんだろうな~、住職さんはみな忙しそうだ。



足腰が悪い人が歩くと直るという仏足跡お砂踏み場へ。今のところ足腰は悪くないけど、健康増進の意味も込めて一同仏の足跡を歩いてきました。陽菜なんか3往復位してた。子供はさすがに大丈夫だと思うけどw



一番奥には大きな塔が。中に入ると観音様がずらりと。名入りのものは人が買っているのかな?



塔の中は撮影禁止になっていたけど、塔の窓から見える景色なら撮っても大丈夫だろ。手前にお寺を構えて、奥に海が見える景色、なかなかのものです。

13:36に犬吠駅発の電車に乗りたいんだが、ここで大分時間が押していることに気付く。この時間は1時間に1本しかこないから乗り過ごすわけには行かない!急いで移動だ。




③銚子電鉄(13:36発)


犬吠駅はほかの銚子電鉄の駅と比べると非常に豪華!入り口のゴーストの館が気になるが…本日はやってなかった。横から見ると6畳くらいのとてもせまーいお化け屋敷っぽい。ハイテク技術を使っているというが、如何に…?



今回は観音駅までを往復します。一時期財政が厳しくてメンテナンスが難しくなっていたが、ぬれ煎餅の売りあげで持ち直したという話は有名ですよね。ぬれ煎餅、、いつか流行った記憶があるが今も健在でよく売れていましたよ。ちなみに自分は帰りにお土産として実家に買っていきました。ホームからは先程行った満願寺も見えます。



そして定刻通り銚子電鉄登場!2両もあるんじゃ常総線より長いじゃないか!(水海道~下館館は1両!)
電車には「房総の休日」とあるが、銚子って房総というのだろうか?



ふぅ、座ると落ち着きます。大晦日でも結構な数の人が乗っていて1列で座れなかったので分かれて乗りました。



面白いのは銚子電鉄の駅名は、通名があって「くさがみくろはえ」が「かみのけくろはえ」とか笑い誘っているものもいくつかあった。通名の看板は明らかに新しかったから、経営難を乗り切ったあたりで企画的に考えられたものなんじゃないかな?(と勝手に想像してみる)そういえば自分、白髪多くなったな。髪毛黒生…なりてぇ。



観音駅に到着。こちらもそこそこ立派な駅ですが、大晦日ってこともありお店がやってない。そうそう銚子って今川焼とタイ焼きが有名らしいです。これも今回初めて知ったけど。で、この駅のタイ焼きやも有名だけど、店閉まっていたのはガッカリだったなぁ。気を取り直して歩き出しましょう。観音駅にきた目的は、今川焼と、飯沼観音を見るためです。




④飯沼観音(14:00-14:40)


本日2件目のお寺。こちらは坂東三十三観音霊場にも数えられているお寺。おしるこ無料配布なんて看板も出ていて、初詣の準備も進んでいるようです。



本堂の前には大仏が。満願寺を見てきたばかりだけど、こちらもスケール大きいなぁ。階段が多いけど本堂に行って見ます。



本堂の両側には醤油缶がピラミッドのように重なっている!実はこれ満願寺にも同じものがあった。なんでこんなに醤油が積み重なっているかというと、銚子は醤油も有名らしいです。ヤマサ醤油は知っているけど、ヒゲタ醤油というのも銚子では有名とのこと。野田ならキッコーマンですね。ん、千葉自体が醤油の名産地なのか?



本堂の中にたらりとぶら下がった紐は観音様とつながっているようです。あ~、長野の善光寺でもこれあったなぁ。初詣だったら、簡単には触れないくらい混んでるんだろうけど、大晦日の今ならだれにも邪魔されず触れる!ご利益、お先にいただきますよ。



ここの住職の方はみなフレンドリーで、「裏も見学できます、ゆっくりしていってください。」と。大きな絵馬があって、平成29年への願いを誰でも一言書いてよさそうだったので、世界平和を願ってきました。こう子供ができて、一軒家を買っちゃうと穏やかな暮らしが普通に幸せなんです。いやぁ自分も丸くなったなぁ(体型も!?)



お寺を出て、有名な今川焼屋 「さのや」へ。この店はところてんなんかも売ってはいたけど、ほぼ今川焼一本で勝負している感じがあったな。行列ができていて、みんな10個くらい買っていた。自分もその雰囲気にのまれて、2つくらい買うつもりだったのが、なぜか口から出たのは、「黒あん3つ、白あん3つ

いやいやいや、そんなに誰が食うの?とあとから自分で突っ込みを入れたくなったが、時すでに遅し。…さて、食べましょうか。こ、これはアンコがすごい量。皮は薄ーいです。アンコおいしいけど、半分くらいでいいかな。



さて、観音駅に戻って再び犬吠駅へ。陽菜が眠ーいとなり、電車を下車した直後にまさかのベビーカー乗車。体重的にベビーカー大丈夫か??駅内でぬれ煎餅を買い、ようやく水族館に停めていた車に戻る。陽菜も疲れているみたいだし、りっくんが授乳している間、1人で犬吠埼灯台行ってくるかな~。



⑤犬吠埼灯台(15:35-16:00)


時間もいい感じに夕暮れ時。日没に間に合う程度に観光します。何回か来ているので、ざっくり見学するつもりだったけど、前回は明らかになかった展示室があったり、なんだかパワーアップしてるぞ!?



灯台では99段の階段を登るわけだが、日の出を見ようとしている客が多いのか、意外にも灯台は混雑。通路が狭いのですれ違うのが大変でした。こちらは灯台からの写真。この向こうから12時間後くらいに初日が顔を出すのかな?うーん、なんで今日は日帰りなんだろう。。



おっと、日がかなり沈んできた。そろそろ車に戻ります。山の向こうに日が沈もうとしている!今年最後の太陽さん、待ってくれ~



せっかくだから遊歩道を通っていくことに。波打ち際に道があり、ぎりぎり濡れないくらいに波が打ちあがるところがあるのでスリルありますw



水族館では、本日最後のイルカのショーがやっていた。観客は2名。それでも飼育員さんは一生懸命やってます。2名だったらホント近くでイルカを見れると思います、ある意味狙い時なのかも。



では今年最後の日没、見に行きますか~。


16:25-16:40 夕日鑑賞@地球が丸く見える丘展望台の駐車場


地球の丸く見える丘展望台に行こうかとも思ったけど、そこまで行かなくても駐車場から十分沈む所が見えたので駐車場から見ることに。



わずか10分程度で、太陽が海に溶けてきました。



地平線まできたら、あとは早い。さらば2016年!

おっと、夕日を見て終わりじゃありませんでした。ちゃんと安全に家まで帰れてから、さらば2016年は言うべきですね。最後に銚子駅前のイルミネーションを見て帰ります。



⑥銚子駅前イルミネーション(17:10)


そんなにすごいものは期待していなかったけど、点滅で流れが表現されていて躍動的なイルミネーションでした。ちょっと車を停めてゆっくり見たいところだけど、停めるところもなさそうなので、徐行で。

銚子3回目にして、電車も乗れたり、お寺巡りができたり、おいしいお店を発見したり、たいやき、今川焼、醤油など銚子名物とも触れ合えてたくさんの発見があった1日でした。大晦日は家でのんびりするのもいいけど、こういう過ごし方も悪くないな。



エピローグ(18:55 家着)

初日の出で混雑する銚子だけど、では何時から混んでくるのか??というのがちょっと気になっていたけど、18時くらいではたいして混んではいないです。初日の出を見る人はだいたい、今日ホテルとかに泊まるんだろうな。で、泊まってない人はいつからくるのか?というと夜中なのかな?帰りの道路でも対向車線は特に変わりなしでした。電車で来る人もいるのかもしれませんね。銚子からの初日の出は次の機会に!


家について、年越しの準備。年越し編は別に書きました


■関連ブログ
2006/11/30 銚子の旅
2011/10/10 銚子日帰りの旅

5年に一度ペース??(別に意識していないが)

=========================================================
■今回のベスト3

1.銚子電鉄
2.今年最後の夕日
3.島武食堂の寿司

銚子電鉄に乗れたのが、なんだか鉄道マニアではないんだけど楽しかった。ローカル感たっぷりだし、こういうローカル線は長く続いて欲しいなぁと。次点で夕日。今年も終わりなんだなぁという思いと、なんで年の終わりに銚子にいるんだろうという意外感がね、なんとも。夕日が沈んだあとは、いい一年だったと思った。終わりよければすべてよしですね。
寿司もかなり印象深い!また行きたいという思いがある一方で、こういう名店がまだまだたくさんあるだろうからもっと探してみたいという両方の気持ちがあります。
時点で、犬吠埼水族館、飯沼観音あたりかな。元旦前のお寺の雰囲気、よかったです。


■残念だったで賞
・はずれは無し 


■旅の忘れ物
・初日の出
・醤油工場見学
・タイ焼き


■旅のお宝
・特になし

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




天気がよかったので、昼休みは芝公園に散歩がてら増上寺にお参りしてきた。前の部では増上寺に売上げ向上を祈りに毎年初詣に行っていたが、異動しまったので今年は自主的に行かないとね(単なる寺好きなだけかもしれないが)。



夕方の増上寺は薄暗い中厳粛な雰囲気があって、それもそれですごくよかったけど、昼行ってもいいものは良い!意外と昼に参拝しているサラリーマンも多かった。都心にこんな立派なお寺があるんだから、まぁお寺好きな人は気軽にこれるし人気ありそうだ。ここのご本尊様は穏やかな顔をしていると思います。いい気分転換にもなるので、天気がいい日はこういうのもいいですね。でも線香の煙を浴びて帰ると、こいつは何してきたんだ?ってなるかな?w

トップ写真は芝公園からみた東京タワー空が青い時は絶景が楽しめます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日で冬休みも終わり。陽菜は1/9まで幼稚園が休みなので、妻やりっくんと一緒に妻の実家にもう少し残るが自分は帰らせていただきます!そういえば結城からつくばに帰るのは初めて。我孫子にいたころはJRの間々田駅から我孫子に帰っていたけど、間々田からつくばに帰るのはあまりに遠回りで運賃も時間もかかることから、結城からつくばに帰る新たなルートを探してみた(もちろんタクシー以外で)ところ、ありました!バスで帰るという手が。

下妻まで出る必要があるけど、間々田までだって結構時間かかってたし、下妻のイーオンに行くついでに送って行ってもらえばそんなに迷惑もかからない。バスは下妻イーオン前の比毛というバス停からつくばセンタまで50分強で行けるものが午後は14時、15時、16時30分に出ているので、これを使えば安く早く帰れます。

運賃は740円。常総線とか宇都宮線を使うよりずっと安いし、これから1人で帰る時があったらこの手段を使おう。家に帰ったら家の中が12℃になってた。保温性はいいけど、さすがにしばらく空けておくと寒いです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今年の年末年始は例年より暖かく過ごしやすい日が続いていますね。相変わらずこの正月も食べっぱなしです。今日も買ってあったロールケーキが賞味期限近いということであまり食欲もない中昼食前におやつタイムがありました。今日は足利から妻の実家へ移動するので、今のうちにお年賀で買って来たカステラも食べていかないと、ということでおやつにしては量が多すぎる間食になりました。帰ったとき体重はどうなってしまうのか…?



そして珍しい一品も。それがゼロ磁場の水!去年両親が長野に旅行に行った際に買って来たみたいです。ゼロ磁場は自分も行ってみたいと思っているし、その水を正月から口にできるとは縁起がいい!体の中の悪い気をかき消しておくれ、という思いで一杯!



夕方には妻の実家に移動。三が日だけあって、裏道使っても結構混んでたなあ。妻の実家に泊まるのもお盆ぶり。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日は昼間から初詣へ。でもその前に初売りを見に行きたくてユニクロへ。



そこで偶然地元の友人S夫婦に出会う。2カ月前に子供が産まれたばかりということでその子供を連れて3人で買い物に来ていたらしい。自分もりっくんを抱っこしていたので、せっかくなので赤ちゃんの2ショットを撮らせてもらった。世間て狭いね。



で、初詣はというと太田の呑龍様に行ってきた。太田では超有名で、足利の大日様みたいなものか。夕方だというのに渋滞していたから、裏道に入って少し遠くから歩うことに。



入り口の門に着いたのは15:40。本殿までの距離は入り口からはよくわからないが、入り口まで行列が続いているところを見ると結構な時間並びそうだ。お守りは16時まで販売ということで、先にお守りを買いに行っている人もいたな。入り口には猫に関する忠告が。捕獲された猫がどうなるかが気になる。。。



行列の両サイドには出店があるので、複数人で来ていれば食べながら待つこともできそう。



人形カステラを購入。これは子供にも大うけしそうな味!大好物焼きまんじゅうもあるが、こちらはお参りの後に食べることにしよう。



本殿の直前でお線香をあげる。お賽銭箱はあったけど、料金は書いてないからここ無料でよかったんだろうか?



そして本殿。中では16:00からの御祈祷をやっていました。線香の辺りから結構みんな適当な感じで進んで列も乱れてくるので御祈祷の様子もちょこっとみてきました。御祈祷を受けるのと、こうしてただお参りするのでは何がどう変わるのか?効果の実証が難しいところです^^;



結局、行列に並んでからお参りまでに30分かかりました。まぁ初詣で30分ならマシな方かもしれませんね、とにかくそこまで寒い日じゃなかったから良かった!焼きまんじゅうを買って後にしました。



帰りについでに毘沙門天に。毘沙門天って正月に来たことなかったのでちょっとどんな様子なのか見てみたかったので^^でもまぁ、2日の日没後だったから人は全然いなかったけど、電球がたくさん灯っていてとてもきれいだ。



階段を登って本殿へ。元旦には悪口祭りというのがあって、この階段ですれ違う人に悪口をいうイベントがあるらしいけど、もし人とすれ違ったらどうしよう…とかちょっと思っちゃいましたねwまぁ幸いにも(?)すれ違わず、本殿にお参りしてきました。スタッフさんはまだお堂の中に残っていらっしゃいました、お疲れ様です。



毘沙門天、立派なお堂ですな。足利七福神めぐりもやってみたくなりました。夜にここに来たならもう一つオススメが。



毘沙門天を過ぎてさらに上がっていくと展望台に出ます。そこからの夜景が素晴らしい。織姫神社とかあしかがフラワーパークとか夜景スポットはいくつかありますが、ここも全く負けていない!



夕食は年明け最初の外食という事で、どんさんていでサーロインステーキを食べてきた!2カ月間寝かせて熟成していたらしく、サーロインなのにヒレステーキのようにやわらかかったのが印象的。

これに学んで2017年も困難なことがいろいろあるとは思うが、どうしようもないときはこのサーロインステーキのように一旦寝かせて熟成させてみよう。そうすれば、時間が経った後に思わぬ食感になっていてぺろりと片付けられるかもしれません。まぁそうなってくると、熟成時間も考慮して、やらなきゃいけないことは、早めに手をつけて行かないとですね!今年も頑張りましょう!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願い致します。



今年の年越しは久しぶりに実家に帰らず家で迎えましたが、元旦からは実家に帰ります。1~3日までは足利で、3日~4日は妻の実家で過ごす予定。福袋が気になるということで再びイーアスへ。正月の午前中からそんな外出なんて~と思いましたが、、イーアスはすごい混雑でした。やっぱり福袋目当てのお客が多いんですかね。



自分はというと、ビアードパパの福袋を買ってみました。シュークリーム6個と2000円分のクーポンがついて2000円と。つまりシュークリーム6個がおまけでついているのと一緒ですね。自分も福袋なんて、と思ってましたが確かにかなりお得なものもありそうです。年末に無理に買い物せず、年始の初売りまで待った方がずっと安く買えそうな気がしてきました。ただなんでもかんでも買うわけには行かないので、福袋は事前に調べておかないとですね。ちょっと来年の初売りは意識してみようかな。



コストコで初めてガソリンを入れてみた(コストコ会員であることとコストコのクレジットカードを持っているのが条件)。近場の相場はガソリン1Lあたり120円くらいなのに、コストコは111円!関西ではコストコがガソリンを値下げしすぎて一時期注意を受けていたらしいけど、ガソリンなんて税金2重取りしているんだし、もっと値下げしてくれてもいいんじゃないかと(そうじゃなければ税金やめろ!と)



午後、まずは妻の実家へ。おじさんが来ていて、庭に陽菜用のブランコを作ってくれていた!とても喜んでいました、ありがとうございます。昨日買って来た銚子のぬれせんべいや、さっきイーアスで買ったシュークリームなどを食べる。正月にしては今日は暖かくて、穏やかな天気。暖房つけずに過ごせるくらい暖かかったです。



さらに自分の実家に帰省。2日続けてのきれいな夕日を見ることができました。縁起良し。



実家では正月らしくおせちをいただいた。今年の目玉は近くの山で採れた自然薯。その辺に売っているものと比べて粘り気が強く、触るとすぐかゆくなるレベルの強い山芋だって。食べると喉を詰まらせるんじゃないかというくらい嚙み切れないし飲み込みにくい!程よい酸味があり、まぐろと一緒に食べると最強においしかったな。



ここ数年は重箱タイプのおせちを買っていたけど、今回みたいに好きな食材だけを選んで買って食べたほうが、費用も三分の一くらいに抑えられるし、他の料理も織り交ぜやすいからいいのかもな~。明日は初詣に行ってきます。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




大晦日後編です(前編は銚子旅行に行ってきた)。旅行から帰ってきて、すでに眠いが一応腹が減って来たので、2日前に食べたカニしゃぶのだし汁を使ってカニ雑炊を作って食べる。ここまではシナリオ通り。。だがそのあとの過ごし方がもったいなかった!



年越しそばを食べたいと思い、そばの用意がなかったからドン・キホーテで年越しそば12/31限定で98円セールやっていたのを思いだして23時くらいに買って来たんだが、帰ってきてそこで体力が切れてほぼそのまま寝てしまった!余力があれば、年越しそばを食べて、牛久大仏のカウントダウン、筑波山へのお参りなどいくつかやりたいことの選択肢があったんだが…無念。

目が覚めたら午前2時!まずは、、

あけましておめでとうございます!

とりあえず年越しそばはもったいないから食べておきましたが、本来年越しそばはその年のうちに食べないと縁起上はよくないと言われています。その由来は、前の年の悪かったことを断ち切るためだということ。だから今回はこういうことにしましょう。

去年は正直流れ的にも悪い年ではなかった、この流れを断ち切らずに今年に流れをつなげたい!だから年内にそばを食べず、年が明けてから普通にそばを食べたんだ」、と。

要は気の持ち様でしょう。ケースに応じて柔軟に考え方をコントロールすることでマイナスをプラスに変える、そうすれば理不尽な世の中でもちょっとはハッピーになれるかもしれません。今年もいい年にしましょう!(大晦日の記事としてエントリーするけど、書いてるのは年明けなので、時間軸は今年に置いてみました。)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ