札幌 絵手紙 楽描堂便り

“楽描堂”と書きまして“らくがきどう”と申します。

桃始笑(ももはじめてさく)

2017年03月13日 | 花散歩は楽し


3月10日からは〜二十四節気の一つ七十二侯「桃始笑(ももはじめてさく)

蕾がほころび、桃の花が咲き始める頃と
言われています。

1月頃から咲き始めていた梅に変わり
次に春のバトンを手渡されたのは桃。



」という字には
もともと笑うという意味があり
」には咲くという意味があったと言われてます。
字をよく見てみると「笑」は竹かんむり、
咲」は口へんが・・・



日常会話で使う機会は
あまりありませんが
花笑み」という言葉があります。
意味は花が咲くこと
蕾がほころびること

その他に人が微笑んでいるのを
咲いた花に例えて言う時もあるようです(^_^)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人気ブログランキングへ       にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


応援クリック応援宜しくお願いします(^_^)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 招き猫・弥生絵手紙 | トップ | はじめさんのクッキー・絵手紙 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL