札幌 絵手紙 楽描堂便り

“楽描堂”と書きまして“らくがきどう”と申します。

七十二候「蚯蚓出(みみずいずる)」

2017年05月11日 | 花散歩は楽し


10日からは、七十二候「蚯蚓出(みみずいずる)」
暖かくなったこの時期は、ミミズが地上に這い出してくる頃。

ミミズなんていなくてもいいんじゃないかな・・・そう思う方もいるかもしれませんが
実は土壌環境の改善に大きく貢献しているんです。

長い間放置され、固くなってしまった土を耕すのは、なかなか苦労するものです。
しかし、ミミズの力を借りればふんわりと
柔らかな土に仕上がります。
というのも、ミミズが土の中を移動するだけで、土は自然に耕されるからです。



ミミズは土を掘りながら移動するので
動けば動くほど地中の土は掘り起こされます。
さらに、ミミズの通り道は空気や水の通り道ともなるため
通気性が良く、地中深くまで水が行き渡るようになるのです。
ミミズにとっては、ごく普通に生活を送っているだけかもしれませんが
私たちにとっては、植物を植えるにはもってこいの良い土が着々と作られるわけです(^_^)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人気ブログランキングへ       にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


応援クリック応援宜しくお願いします(^_^)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野菜・絵手紙 | トップ | 筆・絵手紙 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL