スノーマン見聞録

ジャンルも内容も気の向くまま~“素浪人”スノーマンの見聞録

墓標には水仙がよく似合う

2017-05-17 | 雑感
母の一人住む実家・七飯町に行ってきました。  今回は神奈川に住む三つ違いの弟と合流です。

近くの桜並木は既に葉桜となっていたが、夜は久しぶりの三人での晩さん、昔話に花が咲いた。 
老いると直近のことは忘れるが、昔のことを持ちだすと随分と鮮明に語るものですね。 不思議です。


   
   散る桜 残る桜も 散る桜 か。   往路途中にある森町オニウシ公園の桜も散り始めておりました。
                                          
弟を空港に送って実家に戻る途中、フラッと一人父の墓へ立ち寄りました。
だいたい普段墓参りなどろくにせずにいる不肖の息子なのですが、母のこともあり、こんな時だけご先祖頼み!

弟は父の墓参りをと言っていたが、今回何かと忙しく二人そろっては行けず仕舞い。 
私も ” 行けなくても父ならわかってくれるよ ” などと勝手な理屈でうそぶいていた始末でした。

手を合わせ、お水を入れようと台下の湯のみを取り出すと、なんとその茶碗 割れているではないか。 
きっと冬の寒さで湯のみ茶碗が凍ってしまい、割れて底が抜け落ちたようです。 

” 花も線香も持たず 墓参に来るとは何事ぞ 出なおして来い! ”  そんな声が聞こえて来た。

ご先祖さまのお叱りをいただき、かなり後ろめたい気持ちにもなり、翌朝早く再度の墓参りと合いなった。

        
                                            (写真ネットより)
実家にあった うぐいす文様の湯飲み茶わん、母に聞くと生前父が飲んでいた湯のみと言う。
それに線香一式、庭に咲いていた黄色い水仙・ピンク色のチューリップ・青いムスカリを抱え再び車を走らせた。


父には温かいお茶、祖父には好きだったお酒、祖母には甘味カステラ、ご先祖様には南アルプスのお水を持参。 

太宰治の ” 富士には月見草がよく似合う ” じゃないが  ” 墓標には水仙がよく似合う ”

菊の花やらのパターン化された花々よりもずーっといい。 
この三花の色の組み合わせ、墓には実によく映える。  しばしのあいだ見とれていた。


普段は無宗教無神論をきどっているスノーマンだが、DNAって凄いものですね。 
                                亡き父に母の無事を祈っている自分がいた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 五月の風 | トップ | 風太郎さん パートⅡ (銭湯の話) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雑感」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。