キオクのキロク

今思っていること、思い出したこと、後で思い出すときのために。

今日の一品

2015-07-20 12:15:34 | traditional (*^^)v
「ただいま、コーヒー淹れ立てでーす」の声を聞きながら、 すぐ近くの自販機で買った、 この紙コップが魅力的だもの。 . . . 本文を読む
コメント

これが噂のダース・モールじゃないかw

2015-07-11 21:35:53 | traditional (*^^)v
歌舞伎座で夜の部。 まず「熊谷陣屋」 複雑な人間関係は置いておいて、 武士から出家した姿に変わると何やら既視感あり。 これぞ、ダース・モールに違いない。 確か歌舞伎からインスピレーションがとかなんとか、 そして「牡丹燈篭」 なんかこれはもう個人の好みというか主観というか、 あの人が出てくると歌舞伎じゃなくなる気がするのよね。 普通の俳優としてなら、強烈だよなあと思うだけなんだけど、 歌舞伎の舞 . . . 本文を読む
コメント

本日のお席

2014-12-23 11:45:30 | traditional (*^^)v
前の席の女性の髪留めが素敵だったので。 今年最後。 歌舞伎座、午前の部。 今日の目的は「二人椀九」 . . . 本文を読む
コメント

本日のお席

2014-12-20 16:21:48 | traditional (*^^)v
師走的イベント、12月大歌舞伎、久しぶりの歌舞伎座。 今日は午後の部。「鳴神不動北山櫻」 普段は短編扱いされているものが通しで見られる。 特に好きな2本。 「鳴神」雲の絶間姫という、当時の才色兼備超エリート女性が、その道一筋に精進してきた高僧を堕落させてしまうという話。 「毛抜」髪が逆立つので嫁げないという、その理由はプレゼントされた「かんざし」にあったという話。 全体的に、人間関係とか、話の流れ . . . 本文を読む
コメント

本日のお席

2014-10-23 16:04:14 | traditional (*^^)v
やはり、間違いなく、1列目だった。 仕舞、朗読、落語、舞い、とちょっとした歌舞伎仕立て。 何となくフルコース的。 エビが朗読したんだけど、意外や意外、なかなか表現力が豊か。 協賛メーカーの中に、ワコール・メンがあって、何だろ?と思っていたけど、 エビは足袋じゃないものを履いていたし、 トンボのお兄さんたちは捲りあげた着物から肌着が見えていたので納得。 そうそう、物販コーナーでこんなの売ってた。 . . . 本文を読む
コメント

本日のお席

2014-08-08 16:24:21 | traditional (*^^)v
1列目は実は見にくい席だった。 2列しかない3階席では後列のほうがラッキーな場合もあるのだ。 後ろの席の女性には始まる前に 「(私がこのくらい前傾になっても)大丈夫ですか?」 と声かけしてみたものの、 実際のところ、身を乗り出してまで見るほどの場面はなかった、、、。 狐忠信は意外とあっさりだったし、 2本目はなんだかなあ、というフラフラしたもので、 舞踊劇といってしまえばそれまでなんだけどね。 は . . . 本文を読む
コメント

本日のお席

2014-07-21 10:42:57 | traditional (*^^)v
昼の部。チケット確認したら通路側だった。 ラッキーだけど、準備というか、気をつけないといけない席だ。 それというのは、休憩になるたびに、ささっと立ち、 席を離れる、という動作をしないと隣より奥の皆様にご迷惑がかかる。 新しくなったとはいえ、上の階はやはりそれなりで、 もう少し、足元に余裕が欲しかったなあ、と毎回思うのである。 本日のメイン演目は「夏祭浪花鑑」という、今は亡き勘三郎さんの名演が懐か . . . 本文を読む
コメント

如何に弁慶

2014-05-24 16:40:40 | traditional (*^^)v
團菊祭、昼の部メインは「勧進帳」 何回見ても飽きることのない、そして毎回、涙ぐんでしまう。 まずは、ヴィジュアル。皆さまの衣装が、配色がとても素敵。 富樫が浅葱色(納戸色?)の長袴を滑らせながら登場する。 番卒たちの中には毎回気になる「蕪」柄の衣装も。 そして、弁慶側の四天王、それぞれの格子の色がまた絶妙のバランス。 って衣装ばっかり見てるわけではないけれど。 義経に「いかに弁慶」と声をかけられ、 . . . 本文を読む
コメント

本日のお席

2014-05-24 10:55:50 | traditional (*^^)v
團菊祭、昼の部、今日のお席はこちら。 1列目はさすがに見晴らしがよい。 . . . 本文を読む
コメント

初春花形歌舞伎@新橋演舞場

2014-01-25 20:30:15 | traditional (*^^)v
「壽三升景清」 木目込みの羽子板、この迫力すごいね。 前回は1部のみだったけど今日は午後の部を通しで。 上から見るとこんな感じだったんだね。 . . . 本文を読む
コメント