20世紀ウラ・クラシック!<最新版>

このページは、19世紀末から20世紀の末流ロマン派クラシック音楽に焦点を当て、同時代の録音評を中心に紹介しています。

オネゲル:歌劇「ユーディット」

2017年06月14日 | Weblog
ロザンタール指揮ORTF&合唱団、モーレーン他(ina配信)1956/3/23放送

前年11月27日に亡くなったオネゲルを讃えると称して催されたコンサートによる放送記録(恐らく一度のコンサートだと思われるが前の交響曲とは放送上の間隔があり、データにはユーディットとしか記載されておらずこの計二曲がプログラムの全てだったかどうかもわからない)。優秀なモノラル録音で、脚本のロラン・マニュエル自らほかロザンタール、アナウンサーによる長い解説やコメントも入っている。多作なオネゲルのめったに上演されない歌劇(オラトリオとしても編まれている)でキリスト教色濃く、他の多くの歌劇同様一時間にも満たないが、若い作品の割に激しく晦渋な部分や重苦しさが目立ち、映画音楽家としても活躍しただけあり名旋律や特有の扇情的なコードなど織り交ぜられはするし、最後はいつもの、というか代表作ダビデ王のようなきちんと盛大な終わらせ方をするものの客席反応は戸惑い気味。が追悼コンサートでもありロザンタールや歌唱陣などへのブラヴォはパラパラと飛んでいる。世俗的なロザンタールでなければもっと聴きづらかったか、むしろ作品の理知的な面を整理して聴きやすくなっていたか。歌についてはよくわからないが合唱の扱いは上手い。管弦楽とはバラで簡潔に、ではなく一緒にして組み立てていく音楽。
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オネゲル:交響曲第4番「バー... | TOP | チャイコフスキー:交響曲第5番 »

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL