20世紀ウラ・クラシック!<最新版>

このページは、19世紀末から20世紀の末流ロマン派クラシック音楽に焦点を当て、同時代の録音評を中心に紹介しています。

☆ドビュッシー:三つの交響的エスキース「海」

2017年06月17日 | ドビュッシー
○アンセルメ指揮ハンガリー国立交響楽団(放送)1965/9/20live

ヴァイオリンに雑味が多いのが気になるが、総じては技巧にすぐれアンセルメの数学的な指示をしっかり水際立った表現で音にしている。内声がよく聴こえて立体的に楽しめる。リズムのキレがよく(リズム感は普通)、ライブなりのスピード感であったり、客観的に整えるスタイルからはみ出たところは楽しい。無闇に熱狂はしないが、音響的な美しさもふくめ、これもまた海のひとつのすぐれた表現であろう。○。

※2014/2/6の記事です。音盤化したと思います。
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ☆エルガー:行進曲「威風堂々... | TOP | ドビュッシー:スコットランド... »

post a comment

Recent Entries | ドビュッシー

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。