20世紀ウラ・クラシック!<最新版>

このページは、19世紀末から20世紀の末流ロマン派クラシック音楽に焦点を当て、同時代の録音評を中心に紹介しています。

フランス国営放送音源・動画のWEB配信について(ina音源)※追記追記追記あり

2016年11月02日 | Weblog
こういうネット配信サービスのたぐいはブックマークしてたらきりないので本文で。
CDはむろんAmazonデジタルミュージックでも売ってるina(フランス国立視聴覚研究所)音源ですが、本体のサイトでは一律4ユーロ弱でmp3配信されております(金色のヘッドホンマーク。さわり、もしくは低音質音源を聴くだけなら無料、ストリーム配信のみでダウンロードしないならもっと安い)。

http://www.ina.fr/

TELECHARGERというボタンを選択してください。個人情報登録・決済(クレカ)経由でダウンロード画面に行けます。ダウンロード準備に若干時間がかかるようです。

ストリーム配信のみとなっているものがありますが(銀色のヘッドホンマーク)、これは全曲が無料で聴ける音源です(まあ、、、YouTubeみたいなものですね、案外調べるとちゃんと音質の担保されたダウンロード販売ページが別個にあることが多いようです)。一部の声によれば放送局に残ってる音源がほぼ全部蔵出しされているんじゃないかということです(放送局に、ということですので念のため。意図的にCDしか出してない、卸してないものもあります。Amazon配信でもこちらに無いものがあります)。サイトの作りが古く・・・スマホ対応してますが使えません・・・記載データもかなり少なく、検索機能もあまりあてにならないから探すのは手間ですが、とくにロザンタール、ツィピーヌといったローカル指揮者のものは膨大な量があるようで、じっくり探して聴いてみてくださいフランスマニア。あ、当然オケものはORTF(フランス国立放送管弦楽団ないしフランス国立管弦楽団)だけです。アンサンブルやソロはそれぞれの記載、音源を確認してください。

買いすぎないように。私みたいに。。

もう6年は運用されていて削除されたものもあるようです(単純削除ではなくデータ修正やファイル分割の可能性もあります、あと無料範囲は狭くなったかも)。うっかりAmazonデジタルミュージックでCD価格で買ってしまって、4分の1以下の値段で(トラック分けはありませんが)出ていたのを後で気づく、なんてこともないように。。コンサートまるごと、放送まるごとというものが多いからCDなどでは落とされてるコメント部分があったりする。あと、動画もダウンロードできます。私は興味ないので優先度落としてますが。

追記)動画落としてみました。avi形式、無圧縮ででかいです。そのせいか、ただでさえ遅いダウンロード可能となる時間が大幅にかかるうえ、ダウンロード開始しても配信サーバで一時停止を繰り返して異様な時間がかかるようです。長い番組はお気をつけて。安いストリーム配信(ダウンロードは基本は3ヶ月でできなくなりますがストリーム配信は買えば永久に観られるようですね)を選択する方が楽かもしれません。DVDに焼く選択もできるようですが手順が煩雑でさらに高いです。安い高い言っても、音源と動画の値付けは一緒ですから市販DVDなど買うよりお得感はあります。

追補)「パック」ダウンロードというものがいくつかあります。これは通常のダウンロード販売よりもっとお得です(前記のストリーム配信のみの音源がパックではダウンロードできる場合があります)。数が少ないですので、単品をチェックする前に一通り見ておくといいかもです。パックに入っている音源のページは、画面下にその旨表示されます。

ちなみにバーゲン販売として値下げしているものもあります。ただ、全般に言えますが、元の音源の質もさることながら、配信のさい圧縮率を上げて音質を落としているように感じるものもあります。篭ってレンジが狭いものが多い。そこは留意のほどを。

※データがかなり不正確です。演奏者については信じるしかありませんが、記載された日付が放送日なのか録音日(演奏日)なのか不明確なものが、特に初期に多いようです。大抵は放送日と思われます。新しい音源は別けて2つ書いてある場合が多いので、よくご確認ください。題名に演奏日が入るものはそちらが正解です。検索結果一覧画面では放送日が表示されるようです。また、環境により日付が表示されない音源もあるようです。留意下さい。重複音源が無いわけでは無いようです、とくにコンサート丸ごと音源と、曲目抜き出し音源と、特別プログラムにての抜粋音源には気をつけて(特別プログラムには同一音源のナンバーが書いてあるものもあります)。

※※近年にしっかり検証され、指揮者単位で整理された方がいらっしゃいました。とても助かります。取り急ぎ無断リンクします。
http://liverecording.blog49.fc2.com/blog-entry-309.html
やはり放送日と録音日を勘違いし重複買いしてしまったものがあった。。(泣)
こちらを見る限り、「なし」となっているものもかつては存在したものもあると思います。削除されたものはあるようです。理由は不明ですが前記のようなことでしょう。

このブログではあくまで音源記載の日付を書きますので、わかる範囲では注記はしていますが、ご注意下さい。
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ☆ミャスコフスキー:交響曲第... | TOP | ☆プロコフィエフ:交響曲第7... »

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。