20世紀ウラ・クラシック!<最新版>

このページは、19世紀末から20世紀の末流ロマン派クラシック音楽に焦点を当て、同時代の録音評を中心に紹介しています。

ドビュッシー:管弦楽のための映像〜Ⅱ.イベリア

2016年10月10日 | Weblog
ミュンシュ指揮ORTF(ina)1950/7/24live(放送)

inaから代理店ルートで販売されているダウンロード音源はエアチェックではないかと思うほど状態が悪く、キンキンとデジタル化失敗というかmp3の難点を前面に押し出したようなものでかなり辛い。加えてこのトラックでは第二部冒頭近くで結構な欠落があり(これもブツブツノイズだけ入り放送受信ミスのような感じがする)、私はもうどうでもいいが、興味を持ち、かつまだ聴いていないかたはぜひ、ina.frから直販されているダウンロード音源(放送そのものをすべて収録しておりトラック分けは無いがかなり廉価です)でも同じかどうか確かめてほしい。演奏自体は最初こそ硬いがすぐに集中度の高い強靭な演奏になる。リズムの激しさ、音響の凄まじさ、イベリアはこれでいい。さすがに乱暴さは少なく、手慣れた十八番であることを示したものだ。最後は大喝采。プーランク自演ピアノ協奏曲なども収録。
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ☆バルトーク:ヴァイオリンの... | TOP | ラヴェル:バレエ音楽「ダフ... »

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。