20世紀ウラ・クラシック!<最新版>

このページは、19世紀末から20世紀の末流ロマン派クラシック音楽に焦点を当て、同時代の録音評を中心に紹介しています。

☆ヒンデミット:「世界の調和」交響曲

2016年10月20日 | ドイツ・オーストリア

◎フルトヴェングラー指揮ウィーン・フィル(西ドイツ放送局管弦楽団?)(FONIT CETRA/ORFEO他)1953/8/30ザルツブルグlive・CD

テープ音源であるEMI盤と同じ日付がしるされ、同一演奏異マスターであることを示唆しているが、一部で偽演もしくは演奏日違いという指摘もあるので?付で別項としてあげた(2013年補:orfeoより改めてボックス収録されたため?を外した)。なぜそういうことが言われるかというと、この盤は余りに音が良過ぎるのである。変な操作もなく、演奏中の客席のざわめき(フルヴェンというよりヒンデミットへの反応と思われる)まで聞き取れる。よく知られたことだが戦後イタリアのお金持ちやらなんやらが中欧の放送用などマスターもしくはそれに近い音源を大量に買取り、それがCETRAやカナダではあるがROCOCOなどに流れて「妙に音質のよい海賊盤」として出回った。その一枚というわけである。

これはあきらかにEMIなど比べ物にならない新しくクリアな音で(戸惑い気味の終演後拍手では撚れが出るが)、もっとも詳細確認をしていないので同一録音のマスターに近いものなのかどうか、冒頭にのべたとおり別物なのかわからない。ただ、演奏自体フルヴェンとしか思えない異常なオケのノリがあり(ヒンデミット事件のこともあるしもともと保守派の多い土地でもあるし客席はぽかーんだが)、しかも書いてあるとおりVPOとするならここまでベルリン臭い集中力の高い正確な音に作り変えられたのは、同時期においてフルヴェンをおいて他にない気がする。


この録音はテンションだけでいっても、演奏自体の完成度、理解度からいっても作曲家自作自演に比肩するもので、ほんとにフルヴェンだとしたら、よくやってくれた、よくオケにここまでノらせて最後のあの凄まじい高揚までをスピーディに力強く完璧に表現してくれた(スコア解釈上ここはけっこう落ち着いてしまいがちで(高音打楽器の緩徐部を必要以上にひっぱったり最後のアッチェルすべきところを弦に気遣ってまったくテンポアップしなかったり)ムラヴィンなどはそこが痛いのだが、旧い演奏はこのように突っ走るのが常だったようだ)、そしてこんなクリアな録音がよく残っていてくれたと思う。世界の調和交響曲の叙情的でロマン的な真価がはっきり見える非常に美しく確信に満ちた演奏であり、偽演だとしたらその指揮者に拍手をおくろう(力感溢れるもっていきかたはいかにもフルヴェン的だがフルヴェンの一回性の独特の解釈が余り盛り込まれていない、率直すぎるようにも思う)。フルヴェンの世界の調和を聞くならこの盤しかありえません。今改めておもった。録音状態の問題はつくづく大きい。
『音楽』 ジャンルのランキング
Comments (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ☆シマノフスキ:ヴァイオリン... | TOP | ☆バックス:ヴィオラ・ソナタ »

4 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
それは、 (田豊)
2007-10-07 22:10:13
偽物説はないですね。
でも、フランス協会からでているのは変奏曲の方で「世界の調和」は、まだでいません。予定はあるようなので、待つこととします。

いいなあ
ソース (管理人)
2007-10-07 22:19:34
だいぶ前にネットの一部ソースに偽演などといった情報があったのですが、今調べるとなくなっているので偽演でない可能性は高いでしょうね。世界の調和交響曲自体はEMI以外でもCDで出ていたように思いますが、CETRAはのるかそるか、これはのったほうです。ストラヴィンスキーなどはCETRAは耳を覆わんばかりの悪録音だった気がするので、このへんは賭けですね。。協会盤でもけして音はいい場合だけではないと思うので、いい音源が無修正で使われているといいですね、その予定では。
清水氏の完全ディスコグラフィーのコピー (田豊)
2007-10-08 23:09:05
完全な受け売りですから、コピーです。
交響曲「世界の調和」
ベルリン・フィル. 1952.12.7(ベルリン初演)【LP】(未発売,私的保管録音のみ)
【CD】
ベルリン・フィル. 1952.12.8 【LP】独フルトヴェングラー協会 F 670.027~8M,日セヴン・シーズ KIJC-2023~4
【CD】日フルトヴェングラー協会 WFJ-13~4,米ミュージック・アンド・アーツ CD-713
(=CD-4713)
ウィーン・フィル. 1953.8.30 【LP】伊チェトラ FE-22(ステレオと表示),日ワルター協会 OZ-7593-BS(1952.12.8
ベルリン・フィル.演と誤記),日セヴン・シーズ K17C-9425
【CD】英EMI CHS-5 65353 2(2CD),日EMI TOCE-8467~8,TOCE-3806,
伊ウラニア [S] RM-11.900,独オルフェオ C409 048 L(8CD)
独放送局orch.(?) ? (上記1952.12.8,1953.8.30の録音とは異なり非フルトヴェングラー 録音とも考えられる.
(疑問録音) しかし,1952.12.7ベルリン・フィル.,フルトヴェングラーと記されたプライヴェート・テープとは同一録音
だが疑問あり)
【LP】米ワルター協会 RR-438(ベルリン・フィル.1952.12.8演と表記)
【CD】伊チェトラ CDE-1049(ウィーン・フィル.1953.8.30演と表記,直輸入国内発売
番号は KICC-7152)
紙面の最新ディスコグラフィが (管理人)
2007-10-09 00:01:31
どこかへいってしまったので、確認できません。。この情報がどのくらい確度が高いのかわかりませんが(ここは知っていますがフルヴェン関係の情報網はよく知らないので・・・)、これだとCD番号からいってドイツ放送管弦楽団ということになるんでしょうか???オケの音は正直WPぽくないです(書いた通り)。

しかしここまで情報錯そうすると最後は自分の耳しかないわけですが、マスター違い同一演奏だったりすると、骨董演奏はお手上げです。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL