20世紀ウラ・クラシック!<最新版>

このページは、19世紀末から20世紀の末流ロマン派クラシック音楽に焦点を当て、同時代の録音評を中心に紹介しています。

タネーエフ:交響曲第3番

2017年07月12日 | Weblog
エリアスベルク指揮ソヴィエト国立交響楽団(melodiya?)1950年代・LP

冒頭からの暗いやりとりなど依然チャイコフスキーふうのところは残るがすっかりその個性的な書法からの影響を抜き、聴きやすく仕立てている。タネーエフなりの個性がつつましくあらわれ、過去作品より多彩だが耳新しくはない。チャイコフスキーより整理されておりわかりやすく洗練されており、古典志向(ないしロマン派前期志向)が強いが、構造的な方向には向かわず簡潔な動きと常套的な響きプラス前からあるリズミカルな要素の強調(エリアスベルクのメリットがあるとすればこのリズム感のよさだろう)が、無個性なこの作曲家のしいて言えば個性になっている。管弦楽の扱いはプロフェッショナルでとりとめもない流れをカバーしている。
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タネーエフ:交響曲第1番 | TOP | ☆プロコフィエフ:バレエ音楽... »

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。