20世紀ウラ・クラシック!<最新版>

このページは、19世紀末から20世紀の末流ロマン派クラシック音楽に焦点を当て、同時代の録音評を中心に紹介しています。

☆バーンスタイン:キャンディード序曲

2017年06月16日 | アメリカ
○コープランド指揮BBC交響楽団(DA:CD-R)1975/9/16live

コープランド得意な分野の音楽であり(バンスタが「得意な分野のオトコ」という意味ではない)透明感を保ちつつ派手めの響きでライヴ感ある演奏を繰り広げている。この人は客観的な指揮ぶりが有名だがこれは楽しい雰囲気になっており、BBC交響楽団の硬質な音とピタリ相性がいいこともあって、拍手喝采の終演になっている。○。

※2008/10/7の記事です
『音楽』 ジャンルのランキング
Comments (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ☆バーンスタイン:交響曲第2... | TOP | ☆エルガー:行進曲「威風堂々... »

4 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (サンセバスチャン)
2008-10-08 13:07:38
ミトロプロス、コープランド、マルティヌ、バーンスタインと多士済々ですね。昔、友人から「パーティの際、バーンスタインに声を掛けられた若者は、そのまま戻ってこなかった」という話を聞きましたが。
『薔薇の名前』という映画で、ツルツル頭の修道士が出てきてミトロプロスに似ていて怖かったです。
有り余る生命力 (管理人)
2008-10-08 13:39:07
バンスタは「両刀」と言われていましたけど、ミトロプーロスあたりになると伝説なので本当のところがどうなのかわかりにくいですね。。なんとなく面々を見ていると、芸風は違えどどこか共通する感じがあって、作る音楽が妙に生命力に溢れている、という感じかなあ。
ギリシアには少年愛の伝統 (サンセバスチャン)
2008-10-08 17:11:12
アテナイでは少年愛が異性愛よりも優るという意見が強かったことはプラトンの著作に書かれていることですが、ミトロプロスの場合アメリカというプロテスタンティズムの強いところにいたのがまずかったですね。
戦士の世界 (管理人)
2008-10-08 17:17:15
戦士は基本男子だけの世界なので日本も例外ではないですね。サティの「ジムノペディ」も全裸の少年の踊りか何かでしたっけ??自然主義と言えば聞こえはいいんですが。。ミトプーの宗教観についてはどこかで読んだおぼえがあるのですが忘れてしまいました。

post a comment

Recent Entries | アメリカ

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。