20世紀ウラ・クラシック!<最新版>

このページは、19世紀末から20世紀の末流ロマン派クラシック音楽に焦点を当て、同時代の録音評を中心に紹介しています。

☆ストラヴィンスキー:バレエ音楽「春の祭典」

2017年03月21日 | ストラヴィンスキー
○モントゥ指揮ボストン交響楽団(WHRA)1957/4/13live・CD

迫力の重量級演奏でかつ俊敏、モントゥの統率力、それに従うボストンオケ各パートならびにアンサンブルとしての技量の高さが伺える良録音。見通しのよいリズム構造に響きへの配慮が行き届いたさまはあくまで不協和的でありながらも合理的な音楽性を浮き彫りにし、ただ精一杯に元スコア通り振った日々より長年をへて、モントゥがこの曲に対して得た個人的見識が膨大なスコアへの書き込みになったんだろうなあ、とボックス表紙のスコア検証中写真を見て思った。作曲家本人の意思とは恐らく違う娯楽性やドイツ的な構築性が持ち込まれているとしても。◎にしてもいいくらいだが録音が若干悪いので○。どうも既出の気がする。。このてのものの録音月日はあてにならないので、レア演目の場合は特に注意。ハルサイはメジャーなのでわかんないゆえ別としておく。
『音楽』 ジャンルのランキング
Comments (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ☆グリエール:交響曲第3番「... | TOP | ヴォーン・ウィリアムズ:交響... »

4 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
モントゥは何考えてるのか (サンセバスチャン)
2017-03-22 13:05:09
モントゥは時に虚無的に聴こえたりすることもあり、指揮姿見ていてもきわめて事務的で苦手です。
コンセルトヘボウとのブラームスのセットを持っていますが、悲劇的序曲は実につまらない。つまらない曲をさらに詰まらなく演奏している。1番も第一楽章はあきまへん。終楽章は快調ですが、流れが途切れてしまうところがあり、ミルスタインとの協奏曲も、同じ年代の指揮者がサバタになったものと較べるとあきらかに低調。
Re:モントゥは何考えてるのか (r_o_k)
2017-03-22 13:10:22
何でもかんでも振り過ぎですよね(笑)
この人、アメリカを中心として近現代のマイナー曲を振ったのでよく聴きます。職人という感じですがたまに凄いライヴがあります(ヒンデミットなど)。この人のチャイコフスキーは正直つまらなくて苦手ですがあれを好きな人もいたので、あくまで指揮技術という面で評価できるだけなのかもしれません。
Unknown (サンセバスチャン)
2017-03-22 14:41:30
モントゥについて、冷たいとか、虚栄心に満ちていたとか、人間性を批判する文献もありますし、オケのメンバーから夫人が嫌われていたとかも聞きます。
フランスで冷遇されたとか、特定の大きなポストに長期間ついたことがないとか、春の祭典初演という経歴で大いに得をした人ではないかと思っています。
Re:Unknown (r_o_k)
2017-03-22 14:48:02
評論家の三浦淳史さんは好意的な文章を載せてましたね。サンタクロースのような人、というような。あの時代のことなので情報の確度は低いと思いますけど、受け取る側により好き嫌いの別れる人だったのかもしれません。ストラヴィンスキーはモントゥーの春の祭典初演を馬鹿にした文章を書いていたと思います。とはいえ、50年代のモントゥーのライヴはストラヴィンスキーであってもそれなりのものはあるように思います。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。