20世紀ウラ・クラシック!<最新版>

このページは、19世紀末から20世紀の末流ロマン派クラシック音楽に焦点を当て、同時代の録音評を中心に紹介しています。

☆シベリウス:カレリア組曲~行進曲

2017年04月04日 | シベリウス
○ビーチャム指揮ロイヤル・フィル(aura,HMV/ermitage)1957/10/20アスコーナlive・CD

あからさまに気分を煽る国民楽派時代のシベリウスの代表的な曲で、組曲全体も素晴らしい。フィンランディアなどと同系統でけっこうよくアンコールなどでやられる。ドヴォルザーク晩年以上に「垢抜けた民族音楽」の冷たく洗練された響きと巧緻な構造を、単純な民族旋律連環の中に見出すことができる。もう弦楽器は大変なのだが(ワグナーやらブルックナーやらの伴奏音形の影響ですな)カッコイイので団員のやる気はすごい。ただオケ自体の特性が、このギッチリ揃ったアンサンブルを堅固な響きの上に展開するという中欧的な楽曲にあってないというか、弦楽器はっきりいって軽くてギッチリとは揃わないので、こうクリアにリマスタリングされると少し技術的問題を取り沙汰したくもなる。ビーチャムはシベリウス消費大国イギリスにおけるシベリウスの先鋒的権威だし、このスピードにドライヴ感は必須と思ってやってたんだろうけど、ちょっと煽りすぎて聴く側も緊張してしまう。○にしておくが最大評価にはならないという感じ。
『音楽』 ジャンルのランキング
Comments (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ☆リムスキー・コルサコフ:シ... | TOP | ☆ハチャトゥリアン:バレエ組... »

5 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
画像にびっくり (サンセバスチャン)
2017-04-05 00:55:32
最初画像しか出て来なくて、一体誰の演奏だろうと思いましたが、ビーチャム卿だったのですね。
ビーチャムはリハーサルで冗談ばかり飛ばしていましたが指揮ぶりは優雅ですね。バルビロリは怖い顔で同じようにところをねちねちやっていますが、対称的です。
今日はミュンシュのヘルシンキライブのシベリウス、伝説より2曲を聴きましたが、本場に殴り込むような気合いの入った演奏でした。
Re:画像にびっくり (r_o_k)
2017-04-05 01:00:56
物凄い廉価ボックスでしたから笑
バルビローリなど音楽の温厚なイメージと苛烈な指導者のイメージが乖離している場合、アメリカで伝統ある割り切ったオケ相手にそっぽを向かれがちですね。悪い音楽は作らないのですが好き嫌いはあります。スタジオ録音が本当にやりたかったことだとしたら、オペラをやる手法を管弦楽に応用しただけと感じられます。
シベリウスは私は死角です。一部の曲を除き殆ど聴きませんので、ミュンシュも聴いていないのですが、例の全集にあるので機会があれば聴いてみます。フランスなどの現代の音響感覚を取り入れた作曲家ですからミュンシュには合うかもですね
シベリウスへの適性 (サンセバスチャン)
2017-04-05 13:14:23
バルビロリは嫌いです。シベリウス全集もどんくさくて。ビーチャムと犬猿の仲だったようですが、事の起こりは何だったのでしょう。
ミュンシュのシベリウスはディスクモンテーニュのもので、モントリオールでのフランク、東京でのフォーレと組み合わせてあります。モントリオールはフランス系住民の多い地域ですのでさぞかし熱い聴衆であったでしょう。東京でのフォーレの拍手も感慨深いものがあります。(演奏としてはフィラデルフィアとの正規録音より動きがあって好きです)
大きな地震があったのはこの日のことだったのでしょうか。
Re:シベリウスへの適性 (r_o_k)
2017-04-05 13:24:44
バルビローリ好きとしては何とも言えないところですが^^;
しかしスタジオ録音はほとんど聴いてません。ライヴ、それも50年代以前と以後でテンションもバランス感覚も違ってしまい、何でも振ってしまったこと、けしてレベルアップしなかったハレ管弦楽団に君臨し、誰も止められないマニアックな解釈(シベリウス全集の弦の奏法を時期ごとに変化させるよう徹底した話は有名ですが、効果は私はわかりません)で個性派を押し付けてくる、結果弛緩したメロディだけの音楽にしてしまったものは多いです。マーラーの一部、イギリス音楽の一部にイタリア物、あとブラームスは好き好きでしょうか。
DM盤 Re:シベリウスへの適性 (r_o_k)
2017-04-05 17:25:17
トゥオネラの白鳥が入った一枚ものでしょうか。中古のバラで買っていたので手元にあるかわかりません(フランクは苦手なので)。ビーチャムとバルビローリは仲が悪かったのですか。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。