20世紀ウラ・クラシック!<最新版>

このページは、19世紀末から20世紀の末流ロマン派クラシック音楽に焦点を当て、同時代の録音評を中心に紹介しています。

ラヴェル:ラ・ヴァルス

2017年05月18日 | Weblog
マルケヴィッチ指揮フィルハーモニア管弦楽団(COLUMBIA/HECTOR他)1952/9

狂乱のワルツ。冒頭から荒れまくるロシア節とバレエ指揮者としての見事なリズムで煽る煽る。オケが良く指揮者にぴたりとつけていく。技巧的にすぐれたオケでなければコウハかないし、多少羽目を外した揺らしやハスキーな発音も下品に聴こえない。統制はマルケだから厳しく、しかし崩壊に向かう終盤では音符の横の長さをしっかり取って響きをより壮大にぶちまけて、大見得切って終了。これは録音のふるさをおいておけば素晴らしい。
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 | TOP | ダンディ:フランスの山人の歌... »

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL