20世紀ウラ・クラシック!<最新版>

このページは、19世紀末から20世紀の末流ロマン派クラシック音楽に焦点を当て、同時代の録音評を中心に紹介しています。

ルーセル:フランク人の軍歌

2016年10月25日 | Weblog
ツィピーヌ指揮パリ大学合唱団、パリ音楽院管弦楽団(EMI)CD

晦渋でルーセルとしては前衛的な作品。哀歌ふうであり、トランペットによる警句の織り込まれた不安感に満ちた音楽で、短いが重い。この演奏はやや地味な感がある。
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ルーセル:詩篇80番 | TOP | タイユフュール:管弦楽のた... »

post a comment

Recent Entries | Weblog