20世紀ウラ・クラシック!<最新版>

このページは、19世紀末から20世紀の末流ロマン派クラシック音楽に焦点を当て、同時代の録音評を中心に紹介しています。

☆ディーリアス:夏の歌

2017年04月29日 | イギリス
◎バルビローリ指揮ロンドン交響楽団(EMI)CD

単純でワグナー的な晩年作、演奏にも粗があるが、それでもバンスタにとってのマーラーのようにこれは、バルビにとって不可分の音楽になりきっており、もうそれほど長くはないこの指揮者が、死を目前とした~その目は既に開かなかったのだが~作曲家の、フェンビーの筆を使って描いた最後の想像の世界に自己を投入し、けして退嬰的ではなく、前向きとすら言える映画的な明るさのある音楽を、内部から再構築したものである。夏というはかない季節にたくした生命の賛歌であり、瞬の永遠性に対する「希望」。この作曲家の、それでも貪欲な生への希望が、この指揮者の、音楽をかなでることこそが生であり希望であるという信念と、まばゆいところで合致した。技術的にはいくらでも越えるものが現われようとも、未だ印象を拭うものがあらわれない名演。
『音楽』 ジャンルのランキング
Comments (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ☆ラヴェル:ヴァイオリン・ソ... | TOP | ☆シマノフスキ:ヴァイオリン... »

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
ねぇねぇ (けん)
2008-03-07 07:22:39
ディーリアスもしかして連続で聴いたの?
もしそうなら感心すると言うかアブナイというか・・・

幽体離脱しないようにね(^○^)
よく知ってる盤なので (管理人)
2008-03-07 07:29:43
流し聴きです、ディーリアスはわりと理知的なので聴き方を間違えなければ大丈夫ですよ。。

post a comment

Recent Entries | イギリス

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。