Mizuno on Marketing

あるマーケティング研究者の思考と行動

技術者の話に聞き惚れる

2007-03-11 00:21:17 | Weblog
優れた技術者は,技術の話になるととまらない。そして経営幹部までいった技術者は,現場で多くの人々を動かし,大きな組織を動かしてきた人だから,説得力のある話し方をする。巧みに比喩を使い,その技術がいかにエキサイティングかを滔々と語る。

こうした人たちが,定年後,小中学校に行って技術の面白さを語れば,理科離れなどなくなるのではないか。幻想かもしれないが,昔はそうした市井の人がいっぱいいたように思う。ワインのウンチクは語れなくても,自分の技術のミクロコスモスを語れる人。

某上場企業で役員までいった技術者の叔父を思い出した。彼は何事も噛んで含めるように理路整然と話す人だった(存命なので過去形ではない)。父はそれに比べるとしがない技術者だったが,ぼくが幼い頃,自然や地理について該博な知識を持つスターだった。父が描く設計図のような絵,謄写版の見本のような字が好きだった。

それはともかく,工学の技術者に限ることはないかもしれない。マーケティングや広告の世界にも,同じようなマイスターがいるに違いない。ことばで煙に巻くのではなく,明晰なロジックをわかりやすく伝える「技術者」。自分は前者タイプなだけに,後者には頭が上がらない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 経営学者は実業を批評してよ... | トップ | サンタフェという記号 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。