おやじの日常生活

とうとう、60の大台に乗ってしまったおやじ、いやジジイを取り巻く日常。--------

やまへ。。。。苦行、奥比良縦走 2017-6-18

2017年06月19日 | MTB
久々にいつもの山を離れて、遠征です。


よく見ている“やまあい”さんのHPで2年程前に走破されていたルートで、前から行きたいなぁ〜!っと思っていて、中々最初の一歩を踏み出せなかった奥比良縦走です。

コース概要:

栃生〜釣瓶岳〜蛇谷ケ峰〜桑野橋~栃生




早朝、名神、湖西道路を経由して、栃生の駐車予定地点に着いたのは、7時過ぎ。

チャリの準備などを済ませ、7:30に出発です。


登山口付近


すぐに登山道に変わり、ゆったりとしたつづら折れのよく踏まれた歩きやすい道を押し上げます。

コメカイ道分岐 8:16  押上げにも飽きてきた。

まっすぐ行くと地蔵峠、もちろん釣瓶岳へ向かいます。


しばらく行くと、ほぼ水平道となり、初めてのチャリ走行が出来ます。




ササ峠分岐

フラフラとまっすぐ行きかけて、修正。
釣瓶岳(イクワタ峠)への尾根にはいります。

尾根登りの途中

皆さんよく写真をアップされていますが、花に興味がないので、名前もわかりません

9:08 ようやく、イクワタ峠に到着しました。

心地よい風が、汗とまつわりついてきたハエを吹き飛ばします。

ホンマにハエが多い!


これから登る釣瓶岳
思ってたより、はるかに急斜面

すでに、結構疲れてるのに・・・・

しかし、初志貫徹、気合いを入れなおして、釣瓶岳へ


すぐに、3人のトレイルランナーさんとすれ違います。


中々手強い急斜面を、フウフウ息を荒げ、チャリを押し上げ・・・・・

9:38

釣瓶岳山頂です。

山チャリ初の1,000m越えです。

眺望はよくありません。

武奈ヶ岳が見えるかなぁ〜と思ってたけど、見えませんでした。


木々の合間から、蛇谷ケ峰が見える。

なんか、かなり遠そう、自信がなくなって来た(^_^)
本格的な登りは、ほぼ終えたのですが、ほんまに、蛇谷までたどり着けるのでしょうか?

しばらくは、休憩です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

下りに入ったところで、若いシングルハイカーさんとすれ違います。
武奈ヶ岳へ登られるんだろう。


下り途中の見晴らしの良い尾根から、モヤモヤしてますが、琵琶湖側。



結構急な斜面を“乗ったり降りたり”、“降りたり降りたり”で下っていきます。(明らか、降りて、歩いてる方が多いけど
(^_^)
やってしまいました。


油断したわけやないんですが・・・・
反省!爺は無理したらアカンのです。

「慎重に、慎重に!」っと心の中でつぶやきます。



さて、
テンション下がりまくりでイクワタ峠に戻り、今度は、待望の尾根走りのはずなんですが・・・・

そんなに、世の中うまく行くわけはないことは、うん十年も人間やってると常識なんですが、やはり、何度裏切られても期待してしまいます。


思った通り、そんなに甘くはない(^_^)
乗ったり降りたり、先ほどの転倒で、かなりテンション下がり気味なのと、単独なので、慎重にいかないと・・・
難易度は高いけど下れるような所も、トライせずに・・・・

・・・・・

ササ峠 10:30


中々、楽しい尾根走りとはなりませんが・・・・

地蔵山、10:41


すぐに、地蔵峠です。10:45

傍を林道?作業道?が通ってます。

この後もしばらく、付きず、離れず並走するように・・・・
明らかに、作業道の方が楽そうですが、ジジイの意地で・・・・



小さなアップ&ダウンはあるものの、乗れます。

ヨコタニ峠、10:56

この辺りから、少しづつ、登り基調のアップ&ダウンになってきたような気がします。


頑張って自撮り


アラ谷峠 11:13

さすがに、アップ&ダウンに足がついて行かなくなってきて・・・・・・・


ポポフダ峠(須川峠)

ここらあたりからは、完全に登り基調になり、ちょっとの登りも押上げ・・・・・・・・






蛇谷直下、目の前の急登区間を見て、ちょっぴり戦意喪失です。

ここで、エネルギー補給もかねて、大休憩します。11:55

トップバリューのビタミンドリンクとトップバリューのチョコ味のカロリーメイトみたいなやつでエネルギー補給

あくまで貧乏性なジジイです。

この辺りをうろうろしながら、適当にストレッチしたりして・・・


まぁ、

ここ登らんと、どないもこないも、しゃーないので・・・・

気合一発

ハーハー、ゼイゼイ 

途中、振り返って、武奈ヶ岳、そして、その手前が釣瓶岳


・・・・・・・・・・・・・・・


汗びっしょり、余計なお荷物担いで・・・・・・

牛歩より遅い足取りで、何とか登り切った所で、同年輩のご夫婦ハイカーさんとすれ違い

もう少し

っと励まされ・・・・・・・・・


やっとの思いで、蛇谷が峰に到着。12:25


何組かのハイカーさんが食事中です。












なんとなく、疎外感を味わいながら、ジーさんもランチにします。



ボケーっと、ゆったりと、まったりと、ピンボケ画像のように霞がかかった琵琶湖をながめながら

身体を休めたあと、最終ステージへ突入です。



この茂みの中へ・・・・・・・・

最後の下りです。期待に胸躍らせながら・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

結論から言いますが、過度の期待は・・・・・・・・・・・

斜度的には・・・・

しかし、時々踏み跡が消えてなくなり・・・・・


GPSで、確かめながら・・・・

乗れません。

踏み跡しっかりの、GOODなトレイルは、倒木などで・・・・・・・

ますます乗れません。

イライラが募ります




林道に出てしまいました。


やっと乗れますが・・・・・微妙。


こんなところや・・・・・



こんな車のあるところを下り・・・・・



桑野橋近くの国道に出ます。  14:12


後は、駐車地点の栃生に帰るのみ


到着 14:35




久々の山チャリ遠征、思った以上に、乗車できず、消化不良を起こしてしまった。

期待が大きすぎたこともあるのだが、体力のなさも一つの原因かもしれないし・・・・・・・

しかしながら、釣瓶岳~蛇谷ヶ峰縦走をやりきった感はあり、期待通り乗れなかったわりには、充実感の残る山チャリだった。


考えてみれば、普段の里山とは、やはり比べ物にならないほどの山なんだから

こんなチャラチャラしたジーちゃんチャリダーがうまく乗れるわけありませんわ

これが、本来の山チャリやと思います。

(エラそうやな。)




あ~ぁ、でも、やっぱ、楽しかった



さて、

次は、どこ行こ











コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

やまへ。。。。。。暑くなってきたなぁ~

2017年06月15日 | MTB



木蔭はまだまだ涼しいけど、日向に出ると、夏が近づいてることを感じさせるような陽気です。

とは言え

虫さんたちもまだまだ少ないし

ええ気候には違いないのですが・・・・・・


さすがに、平日です。

すれ違ったハイカーさんは、ただ一人。

それも地元のご老人

私よりは、5つ6つ年上の先輩ですがネ



そうそう、今日はご老人たちの給料日(年金支給日)

帰宅後、私も、ボケボケジジババの銀行めぐり


我が愛車”流星号”のクーラーも、今シーズン初稼働です。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お散歩、箕面 新緑の大滝まで、嫁はんと  2017-6-12

2017年06月12日 | 里山散歩・ハイキング


最近、運動不足気味の嫁はんを久しぶりに連れ出して

箕面大滝までお散歩してきました。


梅雨入りしたとは思えないようなさわやかな陽気のなか、

汗をかくこともなく

逆に少し肌寒く感じるほど・・・・


往きは、少しアップダウンのあるダートな遊歩道を使って大滝まで

帰りは、メインストリート(昔の馬車道)を使って降りてきました。

まぁ。往復6km超だと思います。


箕面、

紅葉の頃もええけど

こういう新緑の頃も、素晴らしいと思います。


かえりのお昼ご飯



夫婦共々

腹一杯や










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Aterm 新調しました。

2017年06月12日 | 日常


先日お釈迦になったAterm MR03LN

スマホ持ちに替えるかどうかを含め、どうしようかと思ってたけど・・・・

結局は、元のさやに戻ることにした(笑

まぁ、実はあまり悩みもせんかったけどね・・・・・


今回は、機種変更で Aterm MR04LNにしました。

最新機種ではないけど

03より、一つ進化した機種だったこともあるのですが、

価格が安かったことが大きな要因かもしれません。

新しい機能も追加されたらしいけど・・・・・・・

あまり、関係なさそうやし・・・・

それに

形は、03のほうが好みなんですけどねぇ~

・・・・・・・・・・・

というわけで

先日(6/9夜遅く)、アマゾン便にて到着

原始生活からは、あっという間に復帰してしまってます。



若い人みたいにあまり使わないけど

やっぱり、なかったらないで不便やからね~!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

六甲縦走路分割 NO.3 市ケ原〜記念碑台、油コブシより下山  2017-6-9

2017年06月10日 | 里山散歩・ハイキング
早朝、仕事場に行く用事があり、7時前に終了後、速攻帰って準備して最寄の駅から新神戸駅へ向かいます。

10時過ぎに新神戸駅の新幹線駅下から出発します。

何組かのハイカーさんや貯水池まで行くのであろう観光客達を追い抜きます。


布引貯水池、今日もホンマにええ天気です。

池の周りを市ケ原へ向かいます。
途中市ケ原近くで、先程、池の展望所で休憩されていた若い女性シングルハイカーさんに、追い抜かれます。

後ろ姿、結構ハイペースやと思う。

まぁ、若い女性と言っても、30代後半〜40代半ばで、まぁ、ジジイにとって若いという感じですが・・・・

彼女は、市ケ原で逆方向へ去って行きました。

彼女に気を取られ、本日の起点「桜茶屋」を写真に撮るの 忘れてました

しばらく行くと天狗道(縦走路)へ直角に折れていきます。

ここからは、いよいよ谷を離れ登りとなります。

途中、南側を望める所で

とても、直ぐそこに神戸の街があるとは思えまへんわ

トェンティクロス分岐

もちろん、縦走路へ
(トェンティクロスも一度は歩いてみたい)



>>>>>>>>>

今回、摩耶山/掬星台迄のコースは10年近く前に、ジーサンズの真夏のハイキングで登ったコースです。

”真夏の六甲山”

あまりの暑さにバテバテで、掬星台からロープウェイ撤退でした。

<<<<<<<<<

一旦下りになり、前方に学校林道分岐のあるピークが見えます。


降りたら、当然登ります。

稲妻坂を学校林道分岐へ向かいます。



学校林道分岐をそのまま進み、またまた、下り・・・・

降りたら、当然ですが・・・・・・

中々の急登です。


見晴台からの神戸

程なく、掬星台です。摩耶山三角点は、パスしました。





ランチタイム


掬星台からの神戸の街並み


ええ天気ですが、まだまだ6月のはじめ、木蔭は涼しい

しばらくベンチに寝転んで、ストレッチしたりと、のんびり・・・・・・・



さて、後半戦?です。



アゴニー坂を下り、穂高湖へ



穂高湖もスル―

しばらく舗装道路を歩いた後、三国池への階段を上ります。


休憩後で、結構つらい

三国池


この辺りで、アイホンのバッテリー残量が赤色になり・・・・・・・・

写真も少なめ・・・・



しばらく、静かな別荘街の中を通りますが、ここからケーブル山上駅までは、ALL舗装路となります。

山上のドライブウェイをしばらく行くと、


六甲山ホテル

ほぼフラットな舗装道路をどんどん歩きます。

ようやく、記念碑台到着です。



予定では、バテテたら、ケーブルで下山、

元気なら、油コブシを・・・・・


山上駅までの道路をダラダラ歩きながら・・・・・・・・


結構疲れてますが・・・・・・、油コブシも歩きたいし・・・・・



山上駅到着。


異国語が飛び交う中、駅の中の涼しい空間へ・・・・

しかし、

ここは、ジジイの意地を見せて・・・・

少なくなった後ろ髪を引かれながらも、駅舎を出ます。


思っていたよりは、かなり歩きやすい。



当然ですが、ゆるゆるコース選択


油コブシ

普通の紙に書いてあります。

雨降ると、アウトですね!

歩きやすい登山道をどんどん下り、六甲ケーブル下駅に到着です。


ちょうど、バスが来たので、飛び乗り、帰路につきます。


あ~ぁ、疲れた



>>>>>>>>>>>>

阪急六甲駅で、電車を待っていると・・・・・・


ボケボケ、”アルツハイマー”バーさんから、わけのわからん電話がかかり・・・・・・

腰が砕けてしまいました(笑)

<<<<<<<<<<<<



最近では、最長の16km、前半のアップ&ダウンがジジイには、結構こたえました。
次回は、NO.4、記念碑台から宝塚まで、今回以上に距離がありますが、東六甲縦走路は、比較的フラットで、アップ&ダウンも少ない。
とはいうものの、途中撤退もあり得るのですが・・・・・・・。
さて、どうなることやら・・・・・・・



ヤマレコ


















コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

やまへ。。。。午後から軽~く

2017年06月06日 | MTB




朝から、Atermの不具合で・・・・・・・・・



お昼を食べてから、ちょこっと山チャリです。

なかなか、テンション上がらずで・・・・・

けど、往復アプローチ含めて4時間弱

山はやっぱり楽しいですわ





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Aterm 壊れた。

2017年06月06日 | 日常
昨晩、外出先から帰ったら、ルーター(Aterm MR03LN)が壊れていた。



画面は真っ暗やし、当然長押しも無反応、スマホからも検知できないし、充電器に接続も反応なし・・・・・

とりあえず、充電器に繋ぎっぱなしにしておいたが、今朝も無反応。

バッテリーを取り外してみたが、無反応。

NECのインフォセンターに電話で、問い合わせしたら、新しい商品を買う方が安いですと言われる。

ちなみに、最大で25,000円ぐらいだとか・・・・・・

まぁ、最大ではないにしても、アマゾン見たら、当然同じ機種なら1万強やし、新しいものでも、1万台後半から・・・・

修理は、諦めました。

もともと、アイフォンの本体のみを、タブレット代わりに使い、ガラケーとの2台持ちだったので、

ついにスマホ持ちにするかも含め、検討しないといけません。

どうしようかな???????

で、悩みます。


というわけで、しばらくは、原始生活に戻ります。


ラインチェックは、コンビニ前やなぁ~  






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やまへ。。。。。苦しんでこそM◯▲  

2017年06月03日 | MTB

いつもの山を、奥から縦走して来た。


この苦しさ(大袈裟?)を味わってこそ・・・・・・


今日は、ゴルフ場サイドを抜ける極楽トレイルを走り、展望場所へ・・・・



もう一山の予定やったけど、時間切れで、ここから下山します。

速攻帰って、シャワーして、お買物へ

今日の晩御飯は、「チキンと水菜のレモンバターソテー」を作りました。

中々、




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

老体を休め、メンテ。

2017年06月01日 | MTB


先日の山チャリで、フロントディレーラーのワイヤーが、半分切れていることが判明。


ここんところ連続して山遊びしてたので、少し老体を休めることもあり、ワイヤー交換することにした。

午前中は、いろいろと雑用をこなし、昼過ぎに箕面のSまで行って、ワイヤーを購入。

このA3号のフロントのワイヤー交換は初めて、それにトップスイングで、少しやり辛そうな感じです。

////////////////////////////////////////////////////////////////////

思った通り、すったもんだして完了。
結構な時間を・・・・・(^_^)

結果は、妥協の産物、少し張りが弱いと思われますが、アジャスターボルトの操作でも、上手くいかず、また張りを強くしてから微調整やり直して・・・なんていうモチベーションも保てずに、いつものように、まぁ、こんなもんでええかと(^_^)

思えば、A3号、もう10年近く乗ってます。
2、3年前に買い換えしようと思ったこともあるのですが、年も歳やし、いつまで山チャリ乗れるかわからんし、
これでええか!なんて感じで見送り・・・・


当然、サスのメンテなどもせなあかんけど、やらずじまいで、それにしても、なんとかかんとか動いてるし・・・・
(フロントは、オリジナルからグレードアップしてるし、一度ストローク変更したついでに少し触ってもらったけど・・・・)



乗り手と同じで、いつまで乗れるやら・・・

まぁ、年寄りやから、若い人達のような、スパルタンな走りもでけへんからね〜(^_^)




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東六甲、初めてのの奥池(^_^) 2017-5-28

2017年05月29日 | 里山散歩・ハイキング
天気予報によると、気温も含めて、絶好の山遊び日和

しかし、昨日から腰の調子が良くない
動いた方がいいのか? それとも、おとなしくしてた方がいいのか?・・・

迷った挙句、天気も最高やし、軽〜くお散歩がてら山歩きすることにした。

最初は、樫ヶ峰か行者山でもと思ってたけど、お隣の観音山から初体験の奥池へ行ってみることにして出発。

前回来た時と同様、北山公園に「流星号」を駐車してSTARTします。




北山貯水池と甲山。ちなみに甲山、まだ登ったことありません(^_^)

鷲林寺



今日は、こちらのコースへ行きます。

今日は日曜日、ここまで、2組の老若男女を追い抜いた。


前に登った「パノラマコース」とは趣の違う穏やかな感じです。(もちろん、展望はありません)

パノラマコースへの分岐の急登部分で、10人以上の中高年組が渋滞しています。

ジジイは、渋滞を横目に、谷をそのまま進みます。
今日は、観音山を通り越した地点まで、谷を進むつもりです。



谷のせせらぎとともに進みます。

しばらく行くと、正面に小さな滝が、見えて来ます。

「旭滝」と言うそうです。

登山道から離れ、岩場を滝の前まで進むと、滝の反対側に、小さな不動明王の像が立っていて、こちらを睨みつけていました。

元の場所へは戻らず、そのまま岩場を登り、登山道に合流します。



沢筋から少し離れると、


程なく、観音山からゴロゴロ岳へのルートに突き当たり、とりあえず、観音山へ向かいます。


観音山


山頂岩場より、

甲山


宝塚、北摂の山々



老若男女、ジジババ、オバちゃんオッちゃんで、山頂は大賑わいです。

この状況でのランチは、イライラが募ること間違いないので、退避。

とりあえず、奥池を目指します。



奥池までは、沢沿いのゆったりとした歩きやすいルートです。


山頂から15分程で、奥池に到着します。

思っていたよりは人気がなく静かな雰囲気です。

池の周りを少し回ったところにあるベンチでランチすることにします。



水面を吹き抜けて来た風が冷んやりとして、少し肌寒い。


今日は、海老天丼(^_^)


少しまったりとした時を過ごし、今度は、ゴロゴロ岳へ高級別荘地を横目に、舗装路をゆっくりと上がります。


程なく、ゴロゴロ岳に到着します。

真横に別荘が立ち、あまりええ雰囲気ではありません。

ほほ素通りして、ガベノ城へ・・・・

観音山分岐で、ジジババ団体 様と遭遇。

山ガールと見間違うような華やかなタイツに巻きスカートの・・・・・

おばあちゃん!

頼むからやめてくれ〜


ガベノ城手前の見晴らし岩からの展望





そして、ガベノ城


奥池も初めてなら、ここからの下りも初めてです。






ええ感じの尾根を下り





剣谷町の住宅街




程なく、駐車地点に戻り、今日のお散歩山歩きの終了です。
(駐車場満車で、入口に数台並んで待ってました。)


腰のこともあるし、なんか軽〜くと思ってた割には、10km程歩いてましたが、腰の方も異常なく、かえって変な痛みもなくなりました。(まぁ、100%完治とは言えませんが・・・)

今回は、奥池へ行きたかったのと、せせらぎコースへも行きたかったので、このコース取りにしました。
もちろん、ガベノ城から下ったのも初めてだったのですが、前回のゴロゴロ岳からの下りよりも、こちらの方がジジイにとっては、ええ感じに思いました。(人好き好きやけどね。)
それに、日曜日ということもあり、さすがに六甲山系、メインのスポットは、人が多いなぁ〜って感じでした。

お次は、どこへ・・・・






山は、ええなぁ〜


コメント
この記事をはてなブックマークに追加