18歳のblog

10年前も18歳だった気がする。

B2リーグ 東京エクセレンスvs信州ブレイブウォリアーズ @板橋区立小豆沢体育館

2016年11月19日 23時54分11秒 | 籠球
今年から始まったBリーグでは、「東京」を名乗るチームが多いんですよね。B3の東京八王子トレインズなんて、八王子だけでいいじゃんと思うんですけど、他所の八王子と区別したいの?それとも八王子は山梨県じゃないというアピール?そんな訳で、この週末は「東京」のチームを見に行ってみようかなと。今日は東京エクセレンスをば。

志村坂上を降りて、小豆沢体育館へ。かなり狭い感じだな。明らかにこのハコでは2000人も入らないと思うんだけど、B2ならいいんだっけ?そんなとこに、お子様のチアを呼びまくったものだから、+親御さん関係者で半分以上は埋まってる感じ。で、席が足りなくて立ち見がいっぱい。これで実は1005人しか入ってないんですけどね。

東京は2人しかいない外国人選手に得点を頼り切ってる感じで、外国人選手が1人しか出れないQはガクンと得点力が落ちるんだけど、2人が揃って出られるQは得点力が上がりますね。外国人同士のマッチアップになると、3人いる信州の外国人選手より確実に勝てる感じだし。てことで、1Q3Qのon1での不利を4Qの立ち上がりにいきなりポンポンと得点して逆転。このまま勢いに乗って・・・と思ったところで、信州の3Pショットに対してファウルと言う痛恨のミス。FT3本を全部決められて、勢いを削がれちゃったよね。

信州の外国人3人のうちボイキンはサイズがそれほどなくて、日本人と大差ない感じ。だから、外国人選手を出す時の3番目の選択肢になってるけど、カーターが5つ目のパーソナルファウルでファウルアウトし、そのFTで逆転されたってところでカーターに代わって出てきたボイキンが、すぐに3Pを決めて再逆転。ファウルアウトで落ち込んでたカーターが、3P決めたところで凄い喜んでて、ボイキンのプレーで救われたって気分だったんだろうなぁ。そんなボイキンの活躍で勇気を得た信州が、終盤に東京を突き放して、68-75で信州の勝利でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2019年からのCWCを語... | トップ | B2リーグ アースフレンズ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

籠球」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。