札幌南の端っ子

札幌南区の四季徒然

地下鉄真駒内駅前

2016-10-29 | 日記
札幌の地下鉄は、南北線、東西線、東豊線と3路線あります。一番最初に建設されたのが1972年に開催された札幌冬季オリンピックに伴い、札幌の街が整備された南北線。

この地下鉄南北線の南の端が、地下鉄真駒内駅です。






真駒内にはオリンピックの選手村が建設されたため、交通アクセス確保のために駅を建設したのでしょう。
当時の宿泊棟は、現在では民間マンションとして使用されていますが、40数年を経てかなり劣化が目立ってきているようです。



さて、この真駒内駅前も、この時期きれいな紅葉を観る事ができます。
しかしながら、通勤、通学に主として使われる駅周辺ですから、のんびりと紅葉見物する人もいないようです。





この駅を使われる、市民の交通マナーは決してよくありません。
通勤、通学時間帯には、大勢の人が平気で道路を横断します。
横断防止用の柵が道路中央に置かれていますが、あまり効果を上げていないようです。



冬には除雪の関係からこの柵の取り除かれます。
そうなると、ますます道路横断者の数が増えます。
また、自動車運転者のマナーも悪く、人の乗り降りのため、交差点の中でも平気で停車します。
よく事故が起きないものだと感心します。

駅関係者の注意喚起もあまりなく、行政の注意喚起もあまりなく、警察からの注意喚起もあまりなく、といったところでしょうか。

この真駒内駅前、自動車運転者にとっては、実にくわばら、くわばらの場所なのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« がんばれファイターズ | トップ | ヤッター 見出しは大事件並み »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。