べ~やんの 釣りと ツ~リング

F650GS(S) & R1200Rで温泉とグルメツ~リング
チヌとアオリイカ釣り等のお話です

会津磐梯ツー SLばんえつ物語編 

2017年06月08日 | F650GS
ご訪問ありがとうございます
取り敢えず ポチって いただくと 嬉しいです
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

5月14日の 続きです

R459を 走れて ホッと したよ




それにしても この道も 快走路ですよ

左見ても




右見ても


畑の 向こうに 見える 山並も 絶景


西向いて どんどん 走ります




やって来ました 喜多方ラーメンの街




喜多方ラーメン神社

先日 テレビで 紹介していたよ


喜多方ラーメンの歴史や秘密を
展示している施設らしい


ここで 食べてる暇が 無いので パス


カフェか 何かの 店の 看板かと 思ったら

標識でしたよ


この辺りから 磐越西線沿いの 県道16を 走ります
SLばんえつ物語 って 言う 機関車を 見るためにね


見えましたよ 磐越西線


此処で 見たかったよなぁ

フェリーの 時間が 遅ければ 

此処で 待ち伏せ 出来たけど

フェリー乗り場までの 時間が 読めない

15時30分には 受付せんと アカンので

先を 急ぎましょう




駄洒落の 交通安全標語 やまと

って 言う事は 山都駅が 近そうですが




SL通るまで 時間が 早いので もっと先へ 走ります




線路を 渡りますよ




今度は 線路と 並走


何時 SLと 遭遇 出来るか ワクワクしますよ


阿賀川で 漕艇の練習 してますよ

県営の 萩野漕艇場 国体のために 造ったらしい

アップで 見ると ほっそいボート 乗るだけで 大変そう 




左へ 巻き巻き




今度は 鉄橋 良い眺め




尾登駅まで 来ましたよ

現在12時5分

SLは 先の 野沢駅に 12時18分着

まだ時間が あるので 急いで 走れば

野沢駅で 出会いそう

レッツゴー




R49まで 来ましたよ

右巻いたら あと ちょっと


焦るよ~

と 思ったら

カンカン カンカン カンカン

目の前の 踏切が 鳴り出したよ
この車線では 近すぎて 上手く 撮れないかも
咄嗟に 反対車線の 右端に F6寄せて
サイドスタンド出して だ・・出し・・アカン
左側が 高いんで サイドスタンド 出えへんがな
べーやん F6支えるので 精一杯
デジカメ 取り出せず 撮る事 諦めましたよ

嫁は 動画で 撮ってましたよ

動画から 取り出してみました










行った後 臭かったぁ

SLばんえつ物語
ネットで 調べて見た
1946年生まれ。大きな動輪と細いボイラーにより優美に見えるその姿から
“貴婦人”という愛称で親しまれてきました。
180号機は鉄道の要衝、新津で静態保存されていましたが、市民の要望などに
より1999年に動態復元。磐越西線を走る季節定期列車「SLばんえつ物語」号
として復活をとげました。牽引される客車は12系を改造、木目調を多用した
内装や車体の配色など、大正ロマンを彷彿とさせるレトロな雰囲気を
漂わせています。



R49を 新潟方面に 走ります

向うに 見える 雪の掛かった 山並み 良い眺め





阿賀町まで 来ましたよ




阿賀野川を 渡り




コンビニで 休憩

お腹が 空いたので




此処で 昼食

おにぎりを 一個ずつ いただきます


今日の 夕食は フェリーです
ちょっと 高めなんで 昼食は 節約 節約 


でもね

甘い物は シッカリ 食べときます 


ごちそうさまでした


それでは レッツゴー フェリー乗り場へ




快走路が ず~~っと 続きます




いやぁ 何度も 走りたくなる 快走路




自然の 藤の花 綺麗に 咲いてます




日本一の巨木 見てみたい 気もするけど パス


調べて見たら
太さが 日本一の杉 将軍杉が あるらしい



もう直ぐかなぁ

何時頃 着くのか 全く わかりませんよ




ナビの 指示通り 走ると

田んぼの中




土地勘無いので 何処を 走ってるか さっぱり わからん


どうも 阿賀野川沿いを 走ってるようですよ


なが~~い 一直線




やっぱり 景色も ええ感じ




爽快に 走れて ええ気持ち




写真には 8連しか 写ってないけど

14連アーチの 阿賀野橋




県道586の 横雲橋を 渡り




街中を 走り抜け




標識見えたけど 北海道航路 かなぁ?


ナビの 仰る通り 走ったら

あたり前田の クラッカー

到着しましたよ 新日本海フェリー乗り場

ネットで 予約 精算済み

早速 受付で 乗船券を いただきましょう

でもね 乗船時間まで 2時間  


話を 聞いたら 本日は 団体 3組
団体優先で 個人の 客は 後回しで
乗船時間は 4時半頃 
解っていたら SL 追いかけて 撮りまくったのに
仕方が 無いので しばらく 待合室で 待機


駐車場には

W650の ライダーさん お友達同士で

山口県と 岡山県 から 来られていたよ


会津では ベーやん達の 後ろを 走っていて
タンデムだったので 此処で 再会したら
べーやん達と 直ぐに 解ったらしい
お二人さんは 相馬市から
本州の 最北端へ 行ったと 言ってました


早速 2輪置き場に F6移動して 

しばらく 辺りを 見学




フェリーの前で 記念撮影

はい ポーズ




普通かい! 




フェリーの 中に バイクが 見えてますよ




待ってる間って 長く 感じますよねぇ
まして 2時間は 苦痛

でもね W650の お二人さん

べーやん達より 先に 来てたので 苦痛は 倍増



乗船する バイクは 9台

タンデムは べーやん達だけ




やっとこさ 乗船時間ですよ




べーやん ソロで 乗船


案内の お兄さん こっちこっちと 手招き
言う通り 行くと 急に ストップ
ユーターン気味に 反対側へ 行け
おっとっと バイクは 急に 停まれない
お兄さん それは 無いよ
Uターンやったら 手振りで U字に 指示してよ
此処で こけたら 洒落に ならんよ


まぁ こけんと 停めましたけどね




ほんで

チェックインしたら シャワー 浴びて 船内見学

新潟が 遠くなって いきますよ




何と言う山か 解らんけど 綺麗ですねぇ




船内には なまはげの凧が 飾られてましたよ


この船は 秋田経由ですかね


雲り空に なって来て

雲の切れ間から 陽が 漏れて 綺麗な 景色




SF映画のような 不思議な 景色




ズームして 見ると 
山頂だけに 陽が 当たって ええ感じ




寒いけど 記念に カッシャ




それでは 夕食 いただきましょう

二人分です



ごちそうさまでした

部屋へ 戻って 横になったら 爆睡してました

本日は これで おしまい

最終回へと 続きます


ご訪問ありがとうございました

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 会津磐梯ツー 五色沼編 | トップ | 会津磐梯ツー フェリーで帰る編 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む