goo

タンザニアの新入荷豆

商品番号:C-174


今月の産地豆としては「キリマンジャロ」をご紹介していましたが、在庫が完売となりましたので、代わってはこちらの豆を今月一杯ご紹介していきます。商品名は「タンザニア・ムベヤ」となります。取り扱う豆に関してですが、通称タンザニアと言う国から輸出されている豆は、コーヒーの品種でアラビカ種で水洗式精製方法の豆であれば、すべてタンザニアという呼び方をして良いことになっています。よく聞く話で、これは本当のキリマンジャロではないという表現が有りますが、それは産出地域がキリマンジャロ地区ではないということなのです。タンザニアのコーヒーの主な産出地域は、アルーシャ、キリマンジャロ、ムベヤ地区の三箇所になります。


テスト焙煎での極浅炒り


キリマンジャロ地区特有の酸味は弱くて穏やかな酸味となります。酸味が苦手な方でも大丈夫ですね。


テスト焙煎での強中炒り


ムベヤ地区の特徴としては、黒糖のような甘みが良い印象になります。僕はこのぐらいに火入れをした豆を直火式マキネッタで淹れて飲むのが好きです。

今月残すところ二週間を切りますが、産地豆のご紹介として釜にて仕込みをしております。キリマンジャロとの違いをどうぞ味わってください。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 今頃産卵! これは良い、 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。