goo

ハニープロセス製法

新しく入荷したブラジルの高級豆の写真です。昨年の品評会に出品し好成績を受けた農園の豆ですが、見た感じは特別な様子の違いはありません。品質管理されている新しい豆なので新鮮な豆の匂いはパッキングを開けた時から判断できます。見出しにあるように「ハニープロセス製法」の豆になるのですが、そもそもどんな製法なのでしょうか。

ハニー製法とは(Honey Processing)収穫した完熟コーヒー果実の果肉を除去した後、コーヒーの豆の周りに付いたミューシレージと呼ばれる粘液質を残した状態でゆっくりと乾燥させる製法で完熟実のミューシレージの甘味が豆に移り、通常のウォッシュドコーヒーでは得られにくいハチミツを思わせる独特の香りやボディを持つ複雑な香味のコーヒー豆に仕上がる。というものなのですが、名付けられたハニープロセスの作業過程は非常に繊細で完成するまで長い時間を要するようです。そしてハニープロセスにしたからといって高品質なコーヒーになる訳ではなく、全ての行程においてミューシレージの粘度による作業効率の低下と発酵等のリスクを十分に管理する必要があるようです。

以前メラードというブラジルの商品を仕入れたことがあり今でも少しの在庫はありますが、今回の豆は品質のレベルが違います。今日でテスト焙煎をして二日目ですが、もう少し様子を見て行きたいと思います。










コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 新しい豆との... イエローブル... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。