goo

ヴィンテージストーブトップエスプレッソコーヒーメーカーをご紹介します stesp-LP601

商品番号:stesp-LP601

海外でコーヒーといえばエスプレッソコーヒーが主流となります。抽出方法で一番普及している方法が蒸気圧で短時間に抽出するエスプレッソなのです。これには高い圧力が求められますが、一般的には業務用のマシーンは9気圧が達成されるように設計してあります。マシーンで抽出するには9気圧が必要である、この圧力が一番良い状態であるとなっております。このような圧力を発生させるには電気を動力としてポンプを作動させています(今のマシーンが開発される過程では、ハンドポンプと言うシステムもありました)。でも一般家庭ではそのような高い圧力を発生させられるようなマシーンは準備できません。そこでイタリアでは家庭に一台はあると言われる直火式の小さな湯沸かし器であるマキネッタという物が使われています。このマキネッタで抽出されたコーヒーは、エスプレッソマシーンで造られたコーヒーとはまったく違う風味を作り出します。コルドバで仕込むコーヒー豆は、熱源に炭を活用し焙煎機は直火式を使っておりますが、抽出する器具としてネルドリップ以外では直火式のマキネッタが良いと考えております。ストーブトップエスプレッソコーヒーメーカーは、作っていたメーカーもなくなってしまったり、作らなくなってしまったモデルなどがあります。電動のエスプレッソマシーンが普及する前の時代に作られた、すばらしい器具をご紹介いたします。ヴィンテージ物を中心にご紹介いたしますが一部現行商品や現行モデルのUSEDもございます。ヴィンテージ ストーブトップ エスプレッソ コーヒーメーカーの販売についての詳細は、当店ホームページをご覧ください。

本日はイタリアのラバァッツァ社のステンレスマキネッタをご紹介します



横からご覧下さい


上からご覧下さい


蓋のつまみはゴールドのメッキになります


注ぎ口の変形はございません


蓋の兆番もしっかりしています


蓋を開けたところです、ここはコーヒーが溜まるサーバーになります


お使いになるときは二分割にします


さらに分解した部品の構成です


二分割した上部の裏側にはフィルターが付いています


フィルターを外した状態です


フィルターの表側です


裏側です


二分割した下部の様子です


コーヒーを入れるバケットの表側です


裏側もご覧下さい


バケットを外して水を入れるタンクの中の状態です


タンクの横には安全弁があります


タンクを下からご覧下さい、火力が当たる場所です


商品番号:stesp-LP601 ¥20.900-


PRINCIPESSA ステンレス6カップ


寸:125(130)X160mm


重量:815g



イタリアのラヴァッツァ社の現在は作られていないヴィンテージモデル"PRINCIPESSA"の6カップとなります。材質はオールステンレスになります。マキネッタで代表されるアルミの物と比べると輝きと重さがあります。この物は使われていたであろう頻度は少ないように感じられます。タンクの下部分の火力があたる部分の焼けや、すすの付着が少ししか見受けられません。使われていたパッキングはゴムの物で劣化しておりましたので、新しいゴム質のパッキングに交換しました。ステンレスの質も高く厚みがある光沢、耐久性の高い材質から今後も使える状態となっております。ステンレスをこのような形に加工するには相当の技術やコストがかかると聞きますので、今後はこのようなデザインのものは生まれては来ないのでしょうね。今はないヴィンテージモデルはいかがでしょうか。

ご注文、お問い合わせはホームページからお願いします



写真だけを集めたサイトもご覧下さい










コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )