goo

VTG ストーブトップエスプレッソコーヒーメーカーをご紹介します stesp-V601S

商品番号:stesp-V601S


海外でコーヒーといえばエスプレッソコーヒーが主流となります。抽出方法で一番普及している方法が蒸気圧で短時間に抽出するエスプレッソなのです。これには高い圧力が求められますが、一般的には業務用のマシーンは9気圧が達成されるように設計してあります。マシーンで抽出するには9気圧が必要である、この圧力が一番良い状態であるとなっております。このような圧力を発生させるには電気を動力としてポンプを作動させています(今のマシーンが開発される過程では、ハンドポンプと言うシステムもありました)。でも一般家庭ではそのような高い圧力を発生させられるようなマシーンは準備できません。そこでイタリアでは家庭に一台はあると言われる直火式の小さな湯沸かし器であるマキネッタという物が使われています。このマキネッタで抽出されたコーヒーは、エスプレッソマシーンで造られたコーヒーとはまったく違う風味を作り出します。コルドバで仕込むコーヒー豆は、熱源に炭を活用し焙煎機は直火式を使っておりますが、抽出する器具としてネルドリップ以外では直火式のマキネッタが良いと考えております。ストーブトップエスプレッソコーヒーメーカーは、作っていたメーカーもなくなってしまったり、作らなくなってしまったモデルなどがあります。電動のエスプレッソマシーンが普及する前の時代に作られた、すばらしい器具をご紹介いたします。ヴィンテージ物を中心にご紹介いたしますが一部現行商品や現行モデルのUSEDもございます。ヴィンテージ ストーブトップ エスプレッソ コーヒーメーカーの販売についての詳細は、当店ホームページをご覧ください。

本日ご紹介のものにはスチーム機能が付いています



横からご覧下さい


上からご覧下さい


スチーム機能付きです


スチーム調整のノブです(少しゆるくなっていますので注意・・・キャップが外れやすいです)


下からご覧下さい


分解して部品の状態をご覧頂きます



分解した部品の構成です


本体上部の水を入れるところのキャップです


分解しました


この部品が圧力弁になります


点検して組み付けます


キャップを外してここから水を入れます


外したキャップの横にあるねじを外します


ねじを外したら中のパイプを掃除します


外したねじの部品です


コーヒーを入れたバケットを接続する本体の受け側です


フィルターを外して中のパイプを掃除します


フィルターの表側です


フィルターの裏側です


コーヒーを入れるバケットを上からご覧下さい


横からご覧下さい


下からご覧下さい


サーバーを上からご覧下さい


蓋を開けた中の状態をご覧下さい


横からご覧下さい


下からご覧下さい



商品番号:stesp-V601S ¥28.000-


ベスビアーナ 6カップ スチーム機能付き


寸法:190-265X110-140mm,高さ:190mm


重量:1150g



ご予約して頂き商談中でございましたが、ご成約には至らなかったので一般公開として販売を致します。
当店ヴィンテージストーブトップエスプレッソコーヒーメーカーの一押し商品がベスビアーナです。6カップは出来上がり200ccになります。このマキネッタは独創的なデザインで1930~1960年ごろに作られていました。その中でもスチーム機能付きの後期モデルです。今回の物はそれほど使われていないとても良い状態です。スチーム機能の調節するつまみはプラスチックになりますが、少しゆるくてはずれやすくなっています。接着剤で固定しても良いのですが、バルブを閉めるときに強く締めすぎると返ってつまみが割れてしまいます。ベスビアーナは初期物、中期、後期と部品の構成が変わってきていますが、本日の後期モデルは分解が出来て中の状態もとても良いです。まろやかな味に仕上がるマキネッタはいかがでしょうか。

ご注文はホームページからお願いします



http://cordobacoffee.com







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

アンティークミルのご紹介 sp3-002

商品番号:sp3-002


イギリスのスポングミルとドイツのウッドボックスミルの黄金期と言える1950年前後のミルをご紹介しております。品質としては世界でも一番と言われるザッセンハウス社との競い合いをしていたミルの会社はドイツでは10社ほどありました。本日は「SPONG」社の純正受け皿付きのNo3ミルをご紹介します。アンティークミルの販売についての詳細は、当店ホームページをご覧ください。

先週ではありますが、ホームページからご注文を頂きご成約をさせていただきました。県外のお客様でございますがありがとうございました。

では、分解掃除をして磨き、組み上げましたので写真にて外装をご案内いたします。



正面からご覧下さい


横からご覧下さい


後ろからご覧下さい


上からご覧下さい、豆を入れるホッパーはきれいです


豆を入れるホッパーはきれいです、ロゴシールの後が少しだけ残っています


ハンドルを固定するネジです、少し錆びが出ています


本体の土台もきれいです


天板に固定するためのクランプの付け根ですが亀裂はありません


下からご覧下さい、この隙間から粉が出ます


クランプを含めて下からご覧下さい


組み上げる前の部品や内部をご覧頂きます



分解した部品構成です


ねじ部品です


内歯になります


びっくりしましたが、歯の磨耗がまったくありません


内歯の裏側です


外歯になります


外歯の表側になります


本体の内側です


本体内側の四角なプレートですが、傷はほんの僅かです


内歯の裏側のでっぱりにはシリコングリスを付けておきます、ここが本体内側の四角なプレートとの接合部分です


本体の裏側です


クランプの裏側です


天板に固定するためのクランプです、クランプの締めこむねじに曲がりはありません


豆を入れるホッパーの裏側です


きれいな赤いベークライトグリップのハンドルです


ハンドルを上からご覧下さい、曲がりはありません


粉を受ける皿を上からご覧下さい、貴重な純正品です


横からご覧下さい


皿の裏側を見てください、さび、傷、塗装のはげはなくとてもきれいです


商品番号:sp3-002 ¥51.900- sold out


純正皿付き


寸法:165(290)-240(320)mm,H-255


重量:3.3kg


スポング社のミルはNo.0からNo.5まであります。今回のミルはNo.3となります。外装はとてもきれいでつやがあります。このミルで一番おすすめできるのは、歯の磨耗がほとんどないことです。これほどまでにきれいな歯はめったにありません。No.3と言うことも数が少ないのですが、歯の状態が良いし、貴重な純正の皿が付いています。興味を持っておられる方はいかがでしょうか。

ご注文、お問い合わせはホームページからお願いします



http://cordobacoffee.com





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )