おんじの記録

ちっぽけな山行記録として

吾妻連邦 1

2016年10月17日 | Weblog
吾妻連邦を歩いてきました。





土曜の朝7時半に家を出て、登山口に着いたのは9時半くらいでした。約2時間か。近いな!登山口は早稲沢です。そこから明月荘を目指します。


早稲沢集落からこの看板が目印。





途中からダートですが荒れてないので大丈夫。水洗トイレ付き駐車場に到着。





クマさん人間に注意とはごもっともですね



では行きましょう!

早稲沢コースは後で知ったのですが通行禁止になっていたみたいですね。沢にかかる橋が流されていたからです。わたしは行き帰りと石の上をぴょんぴょん行きましたがね笑

布滝まではハイキングコースで快適。その先は西大癲山頂まで急登でガサガサゴツゴツでしんどい印象でした。
唯一の展望



西大癲に汗ダラダラで到着。山頂には数名のハイカーがいました。大概飯食ってます。私は食いません!けつ汗が酷いので岩にけつを押し座り熱で蒸発作戦を決め込みました。結果、タオルで拭いた方が早かったみたいでした。。。




ゴツゴツジャリジャリと少し歩きにくい下り。登り返して西吾妻小屋到着です。無人小屋で勝手に泊まれます。どっぽんトイレが2つあり。




とりあえず西吾妻山は帰りに寄ることにして梵天岩を目指すことに。この先は木道が多くて快適!スイスイ






吾妻神社の周りには人が沢山。大概飯食ってます。



さあ、歩け歩け〜







天元台から来る人も沢山いましたね。いやしかし、天気も良くて皆さんにこやかでした!天元台からはほぼ木道だし本当にハイキングにぴったりコースですねここは。ただ、ロープウェイの料金は高いらしいですが。



しばらくいくと人形石




ゴミを背負ったおじさんが休憩してます。後で知りましたが無人小屋の管理者だったらしく、小屋に放置されたゴミをまとめて運んでいたとのこと。お疲れ様です。
しかしなぁ… 無人小屋にゴミを置いて帰るなんて俺には考えられないけどなぁ…。もしそんな奴に出くわしたら絶対に説教してやる!と、強く思いました。





池塘と木道






明月荘、東大癲分岐




やっと見えてきた宿




ひっそりと明月荘





ようやく到着。とりあえず往復20分くらいの金明水へ行き、水を補給。藪と木道をガサゴソ戻り、寝床も完成させたら明月湖へお散歩です。






今回はガスを持ってきました。ビールのみながらしばし堪能です。いやー最高!










カメラ欲しいな 笑

小屋に戻り少し飲み直して6時くらいには寝る体制でした。小屋は本日10人くらいいたかな?最初は寝れるか心配したがわりと寝れました。室内は一番冷えても5度以上はあった。寝具はモンベル#3とインナーシャオゾン、エスケイプヴィヴィ。モンベルウルトラライトダウン上下に汗まみれで臭いパタゴニアトレッキングパンツとティートンTシャツ。たまーに寒いかな?くらいでいがいと快適。ただ、100キンの断熱シートはイマイチな事がわかり、なにか対策しないとなぁ…なんて感じで朝を迎えるのでした。



つづく



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 栄蔵室と花園山 | トップ | 吾妻連邦2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL