SAKIMANIA~目指せ!?日本一のカオラー~

ゴスペラーズの黒沢薫氏が超大好きで、妄想が暴走しすぎて止まらない、自称広島県一のカオラーさっきーのブログ

決して嫌いというわけではないのだが

2016-12-13 20:57:35 | ゴスペラーズ
※9月30日のブログ参照
「GosTV 10th Anniversaryゴスペラーズ LIVE」サイト内特集企画
第1弾「アンコールはどれだ?」
10周年にちなみ、2006年~2016年の10年間にリリースされた曲の中から、10曲をセレクト。
以下の10曲の中から、アンコールで歌ってほしい曲をお選びください!
見事1位になった曲を、アンコールの1曲目に披露します。
<投票候補曲>
■Street Corner Symphony
■Let it go
■SAYONARA
■輪舞
■讃歌
■明日
■なんどでも
■STEP!
■氷の花
■太陽の5人

何でこの10曲なん?
他にも名曲いっぱいあったろうに・・と思いつつも、
さっきーは「なんどでも」に1票投じました。
結果、アンコールの1曲目に披露されたのが
東京・大阪ともに
「太陽の5人」でした。
嘘ーーーーーー
どっちも「太陽の5人」だったの???
この10曲の中で「太陽の5人」が1位だったん?
嘘ーーーーーー
自分の中では超予想外です。
この10曲の中でベスト5はと尋ねられても
「太陽の5人」は入りませんね。
ちなみにこの10曲の中でのベスト5は
「STEP!」
「SAYONARA」
「なんどでも」
「氷の花」
「輪舞」(順不同)ですよ。
なので「太陽の5人」が選ばれてビックリしています。
何で「太陽の5人」が・・・。
しかも東京・大阪両方って・・。
自分が1票投じた「なんどでも」よりも人気が高いなんて
嘘ーーーーーーー
皆さんのレポを拝見して、東京と大阪のアンコール曲として選ばれたのが
「太陽の5人」だと知って声をあげて驚いたのはここだけの話。
「太陽の5人」が決して嫌い・・というわけではないのですが
お気に入り曲しか入れてないウォークマンにも入れてない曲ではあります。
飛ばすほどでもないけど別に聴かなくてもいいかな的な曲ではあります。
あまりマイナスな事ばかり言うと、「太陽の5人」が神曲な方々からクレームきそうなのでこれくらいにしますが
そうか・・・「太陽の5人」か・・。
ベスト3は、ライヴ終了後、サイト内でも発表!東京と大阪で結果の違いはあるのか? 結果をお楽しみに!
との事なのですが未だ発表されてません。
これも東京と大阪、全かぶりって事はないのかしら。
もしくは、このベスト3も自分が先ほど選んだベスト5以外の5曲から選ばれてたらそれこそ驚くかも。
ま、実際生で見て聴いたら「おお!」と歓声あげるとは思いますが(心の中で)
かといって今回人気投票で1位獲得したから
今後のツアーのセトリで毎回のように「太陽の5人」が入ってたら
正直、嫌だなー(酷)
「太陽の5人」なんかより断然「告白」の方がいいのにー(酷)
決して嫌いじゃないんですよ、「太陽の5人」。
はっきり大嫌いと言える曲はありますが、それはシークレットという事で。

明日はFNS歌謡祭を見るのでブログお休みします。
結構早い時間帯にゴスが出るらしいんですが、どうなんだろうね。
それまでに家に帰れたらいいなー。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年末ソングではありますが | トップ | 早!短!あっさり! »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
面と向かって (和海)
2016-12-14 09:30:12
さっきーさん、皆様、貴重なご意見を有難うございます。

さて。
「ライブに行かないなんて信じられない!ファン失格!」と面と向かって言われたことがあります。
私は結構、部屋でお気に入りの飲み物を片手に曲を聞いたり、映像作品を見ている時間が好きなんですよ。癒されますし、至福の一時なんですよね、そういう時間て。
自分を充電している時間でもありますし。

でも、ライブに行かないこと=ぬるい、ファンとは言えない、と思う方が結構な割合でいるようです。
色々な考えの方が居るのは理解しているつもりですが、面と向かって言われると精神的にこたえますよ・・・

あと、地方に遠征して夜行バスで戻り、そのまま職場に出勤する方々。
これだけ体張って応援しているんだぞ~みたいな自慢するの、ホント、やめて欲しいです。
そういう方、ちゃんと仕事出来ているのでしょうかね?
ファン歴が長いことや体張って応援していること・・・何が偉いの?どう偉いの?と問いかけたくなります。
5人じゃないと (にこら)
2016-12-14 11:07:27
さっきーさん、はじめまして。
コメントするのは初めてですが、いつも楽しく読ませていただいていました。

私もさっき―さんと同じくこの中なら「なんどでも」かな…
と投票したので、GosTV 10th Anniversary LIVE の東京会場にいて、「太陽の5人」が流れた時、「えっ!?」と思いました。
まぁその場はアンコールのノリノリの雰囲気にこれはこれでいいなと思ったのですが・・・

帰宅してGosTVの高崎音楽祭のライブレポを何気なく読んでいて、「去年の苗場のステージでは“5”というテーマの曲を歌えなかった」と書いてあるのを読んで、
選ばれた理由はここかなぁと。

4人での活動はTVで見るだけで、生で見る機会はなかったですが、先日のライブを見て、やっぱり5人揃った姿をこれからも長く見て聞き続けたいと思いました。
私はメンバーと同年代なので自分の管理もしっかりしなくてはいけないのですが(笑)

Unknown (みー)
2016-12-14 21:03:47
太陽の5人に入れた私です(^-^;

なんでしょうね…。
ノリがアンコールの一曲目に向いてるかなぁ…と。

こちらも、色んな意見があって楽しいですね。

さっきーさん、いつも楽しいブログを本当にありがとうございます!
連投すみません (みー)
2016-12-14 21:21:10
和海さん

「ライブに行かないなんて信じられない!ファン失格!」と言う人の方が信じられないです!

苦労してライブに行くのが偉いとは思わないです。

ゴスが好きという気持ちがあれば、立派なファンですよね…。
ファンの定義も人それぞれで、自分の好きな楽しみ方で良いですよね。
それを他人に強制するのは間違っていると思います。
なるほど (さっきー)
2016-12-14 22:32:37
和海さん☆
自分も昔言われた事がありますが、面と向かってよくそう言うよなーと呆れ三昧です。体張って応援する意味もわからないです。何アピ?ただの自己満足なんじゃない?間違いなく傍から見てドンひきされている事でしょう。同年代の人なら猶更です。同じゴスファンとして非常に恥ずかしいのでやめてもらいたいです。そんな奴、広島に来んな、ボケー!
にこらさん☆
初めましてです。そうか、それで「太陽の5人」が選ばれたのか&ファンの人達は選んだのか・・・目から鱗&膝ぽんです。なるほどなー。けど「なんどでも」の方が好きだなー(え???)
みーさん☆
確かに、言われてみれば「なんどでも」はアンコールの1曲目には向いてないかも。いきなりしんみりしちゃうしね。色々な人が集まり、色々な意見が飛び交う、充実したブログやわー(超自画自賛)
初めまして (chiko)
2016-12-14 22:43:18
初めまして。ゴス関係のブログを見てて偶然見つけちゃって、厚かましくお邪魔します。
永遠にが世間に知れ始めた頃からゴスペラーズの曲に堕ち、黒沢さんに堕ちました。
だけれどファンクラブには入ってません
ライブも一度だけ、、人にはいろいろな事情があるものです、、。
だけど、ゴスの事黒沢さんの事曲の事、
話せばいくらでも語れる自信があります🎵
今日は久々に生歌が聞けてよかった~
FNSには毎年思うのだけれどゴスにもう少し
時間を与えて欲しいぞ~~!!
コラボだけじゃなくて単独で歌わせろ~~!!
ゴメンナサイ、、つい、、
身近にゴスの事を話せる人がいないもんで、、
時々お邪魔してもいいでしょうか?
わ、私も・・・ (まゆう)
2016-12-15 22:19:52
さっきーさん、こんばんは。

・・・実は私も『太陽の5人』に一票を投じた一人です・・・
『なんどでも』ももちろん好きですし、アンコール待っててあのイントロが流れてきたら
「ぎゃーっ!!(嬉)」と叫びたくなると思うんですが、やはり前者だなぁ。

うまく言葉で言い表せないんですけど、自分のノリにぴったり合うんです。
ipodに〔ゴスノリノリSONGS〕というプレイリストを作った時、いの一番に入れたくらい好きですw
一人でいる時に流れてきたら、間違いなく踊ってます(←ばか)

生で聴けた皆様、うらやましいなぁ・・・って、さっきーさんには信じられない!?
いつでもウェルカム (さっきー)
2016-12-15 22:34:41
chikoさん☆
初めましてです。さっきーも「永遠に」がきっかけでゴスファン&カオラーになりましたのでファンになったは同時期のようですね。FC入ってなくてもコンサートに行ってなくてもゴスファンならウェルカムですのでいつでもお好きな時に絡んでやってください☆
まゆうさん☆
「太陽の5人」で好きなところは「ピロートーク」です。いやん、素敵!って毎回にやにやしちゃいます。だから生で聴いたらたまらんのでしょうが、やっぱカバー曲よりオリジナル曲の方がいいかなー。

コメントを投稿

ゴスペラーズ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL