R's Bar

夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ。We must change to master changes. 乾杯!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

初の東京マラソンでサブスリーを狙う!

2009年01月13日 | Weblog
<script type="text/javascript" charset="UTF-8" src=" http://www.asics.co.jp/R08SS/js/runningparts.js"></script> . . . 本文を読む
コメント (15)

映画【ゲド戦記】2006  ~素直な感想

2007年06月16日 | My Movie 映画
(2006.8.30 楽天ブログより再録) 【採点】2.5点 ★★☆☆☆ Poor(及第2.5 ,合格3、満点5) 西の海で、竜が共食いをしている、とは何を象徴していたのか。 竜だって争うことはあるだろうw 他方、東の人間社会の描き方。 農作物の不作、表面的な都市生活、麻薬、人身売買、戦争。 実は公開初日に観ていた映画【ゲド戦記】でしたが、一ヶ月ほど経ち、もうレポートを書いてもいい時期でし . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

映画【TAIZO】 (2003日本)

2007年06月16日 | My Movie 映画
(2006-12-16 楽天ブログより再録) 【採点】3点 ★★★☆☆ Good(及第2.5 ,合格3、満点5) 【地雷をふんだらサヨウナラ】(1999日本)で映画化されたカメラマン一之瀬泰造のドキュメンタリー映画が、【TAIZO】である。 特定NPO法人 カンボジアの教育を支える会の年次イベント Smile Festa2006で観た。 フィルムで見ても、グランドホテルから4キロ先に浮かぶア . . . 本文を読む
コメント

映画【硫黄島からの手紙】 2006米国

2007年06月16日 | My Movie 映画
(2006.12.17楽天ブログより採録) 【採点】4点 ★★★★☆ Great(及第2.5 ,合格3、満点5) 正直、クリント・イーストウッド監督であることを忘れていた。 この【硫黄島からの手紙】は、よく出来ている。 ディテールも歴史背景も、よく描かれている。 【ラストサムライ】で感じた、似て非なる日本、ではなかった。 大規模でリアリティに満ちている。 やはりハリウッド資本でなければ再現で . . . 本文を読む
コメント

映画 『バベル』 2006

2007年06月16日 | My Movie 映画
(2007.04.30 楽天ブログより再録) ★★☆☆☆2.5点 Not Bad 初めて映画に酔った。感動に酔ったのではなく、気分が悪くなったのだ。 「映画館で見るときは最後のクレジットエンドまで」、というポリシーを破ったのも初めてだ。気分が悪くなった。 低予算のためか知らないが、映画『バベル』ではハンドカメラを多用しているため、画面が常に揺れ動く。 さらに日本のクラブシーンでの高速点滅の . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

映画 【天空の城 ラピュタ】

2007年06月16日 | My Movie 映画
【採点】4点 ★★★★☆ Great(及第2.5 ,合格3、満点5) 【輝ける少年期】 この映画を初めて見たのは、鹿児島の小学校の昼休み(雨の日)だった。 つまり、1989年ごろだったと思う。 パズーすら、まだ自分より年上、と思っていた時代に初めて見たのは幸福だったと思う。朝のトランペットのシーンは、何回見てもいい。心洗われる。 いつからかパズーを「ああ、純粋無垢な少年なんだね」と思うように . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

R's Bar 楽天版が Google一位

2006年12月14日 | Weblog
ここ数ヵ月間、楽天版のR's Bar に変更していて以来、従来のような更新もせず、緩慢に気まぐれに更新し、アクセス数は減ったままでした。 でも、今日、久しぶりにGoogleで、「R's Bar」と検索して見ると、goo版R's Barで達成していた首位に、楽天版でも返り咲いているではないですか。 ま、Web2.0以降世代としては、Googleで一位というのは励みになるよw このgoo版R's . . . 本文を読む
コメント

R's Bar should be No.1 access on the Google.

2006年09月17日 | My Travel 旅行記
Now I am here in Changi Airport of Singapore for business trip. On Surfing the net, I noticed that R's Bar is not No.1 access on the Google anymore. I felt a little tederness of falling down from No . . . 本文を読む
コメント

【ブログ R's Bar の引越しのお知らせ】

2006年08月24日 | Weblog
2年以上にわたり利用させていただきました goo ですが、このたび諸々の事情により 楽天 に引越しいたします。 今後の更新は、楽天広場(ブログ) R's Bar を中心にしますが、goo版 R's Bar も閲覧可能にします。 R's Bar の常連の皆さん、気が向いた時にだけ訪れてくれた方々、採点を通して価値観の違いに当惑した方々、全てのR's Bar読者に感謝いたします。  楽天広場 . . . 本文を読む
コメント (2)

これぞエース!  ~高校野球決勝・駒大苫小牧―早実

2006年08月21日 | My Sports その他
エース斎藤佑樹投手(3年)を見ていて、驚いた。 「おおー」っと思った。 15回表、初球ストレート、147キロ。その後、0-3になりながらも、5球続けて140キロ台の直球で攻め、最後はフォークで空振り三振。 「シャーッ!」。雄叫びを上げた斎藤を、スタンディングオべーションが包む。 俺も「ウォー」と唸る。 3連投ながら、驚異のスタミナと精神力を発揮して、15回、178球を1人で投げ抜いたんだな。 . . . 本文を読む
コメント (1)

倫理と充実感 ~映画【アンナ・カレニーナ】  

2006年08月20日 | My Movie 映画
日曜午後、女優ソフィー・マルソーの美しさが目にとまり、高校野球を見るのを変更し、BS-i映画【アンナ・カレニーナ】(1997年)を観た。 【なぜトルストイは、アンナを殺したか?】 アンナ・カレニーナは、自殺した。 作者トルストイは、「いわゆる不貞の愛が破綻し、薬物依存になったアンナ」を自殺させ た。 トルストイは生前、なぜアンナ・カレニーナが鉄道自殺した理由について、聖書から引用し、「復讐す . . . 本文を読む
コメント

AsiaCup予選 日本2:0イエメン ★未完の勝利

2006年08月17日 | My Sports 日本代表
【採点】田中達也5.5、巻4、佐藤寿5.5、 サントス5、鈴木5、遠藤5.5、阿部★6、佐藤勇5、 駒野5、テゥリオ(以下ツリオ)5、坪井4.5、加地★6、羽生5.5 川口★6 オシム★5.5 (4-4-2 → 3-5-2) こいつら本当に日本A代表か、と疑うような稚拙さを含んだ未完のプレーヤー達。 正直、歴代日本代表からすると、真の実力は、「2軍」 であろう。 背番号は、笑えた。 しかし、目 . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (2)

愛について 2006夏

2006年08月16日 | My Romance 恋愛論
愛って何だろうね? いろいろ著名人・偉人が、愛について熱く語っているのを調べてみた。 【First Love について】 The magic of first love is our ignorance that it can never end.  ---Benjamin Disraeli  「ファースト・ラブという魔法については、我々は、これからもずっと解明できないだろう」 さすが元・英国 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

木下航志ライブ 2006

2006年08月13日 | My Music 音楽
一曲目から [Amaging Grace] すごい。 低い声が魂(ソウル)を揺さぶる。 さらに一段と歌が上手くなっていた。 そして圧巻は、Stevie Wonder のメドレー。 確信犯的に航志君は 「目を閉じていたら、後ろからスティービィーが出てくるかもよ」ってMCで語る。 アンコールの 「ひまわり」 良かったよ。 あの夜の小さい音楽の神が降りてきてたな。 渋谷・道玄坂に。 帰りの出 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (1)

突然、目の前に倒れている人が! どうする?

2006年08月07日 | My Life&Food アート
仕事も終わり、ジムでのトレーニングも終わり、中華屋でホイコーロー定食を食べ、帰宅した。 ここまでは、なんとない一日の終わり。 しかし、J-Waveを聞いてた俺は、下車駅構内・みなみ東口で電波が入らないため、音楽を聴くのを止めていた。 「大丈夫ですか?大丈夫ですか?」と尋常ではない女性の声が聞こえる。左を見ると人ゴミの影に、倒れている人を見つけた。 誰も、一瞬倒れている人影を見るが、足を止めな . . . 本文を読む
コメント (5)   トラックバック (2)